WordPressの追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」の簡単設定

WordPressブログをスクロールした際、サイドバーの一部を固定して追尾するように表示できます。「Q2W3 Fixed Widget」プラグインを利用しますが、設定も簡単なので初心者でも対処できるでしょう。

記事では、WordPressの追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」の新規追加、サイドバーの特定ウィジェトへの適用方法、フッターと重ならない設定やスマホ表示の際にデザイン崩れを防ぐ設定(レスポンシブ対応)も合わせて紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

WordPressの追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」を導入

WordPressの管理画面を開きます。「プラグイン > 新規作成」からプラグイン検索画面に遷移して下さい。検索窓に「Q2W3 Fixed Widget」の文字をコピペして検索します。検索結果画面の中から該当プラグインを選択してWordPressにインストール・有効化して下さい。

スポンサードリンク

WordPressでの起動確認

WordPressの追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」は、有効化すればすぐに利用できます。まずはお使いのWordPressテーマで起動するか確認してください。

「外観 > ウィジェット」にページ移動します。適当なウィジェット(例:テキストウィジェット)をサイドバーに追加して下さい。「Fixed widget」というチェックボタンが追加されているのを確認してチェックをいれます。

以上でWordPressの特定ウィジェットをスクロール追尾させられます。

フッターと重なってしまう場合の対処法

WordPressテーマによっては、スクロール追尾したウィジェットがフッターに重なりデザイン崩れのようになります。

フッターに重ならないよう調整してください。「外観 > Fixed Widget 設定」でWordPressの設定画面をひらきます。
デフォルトでは「一般設定」の「下マージン」が0pxになっています。フッターの高さを入力して重ならないように調整してください。

ブラウザの幅や高さを知る方法

ブラウザの幅や高さを知る方法はたくさんあります。その中でも手軽にざっくりと幅や高さを知る方法を紹介します。

Google Chromeブラウザで「F12」キーを押し、デベロッパー(開発者)画面を起動してください。この状態でブラウザを拡大・縮小すると右上にブラウザの高さと幅が表示されるのです。例えばフッターの高さを知りたい場合、ブラウザ表示いっぱいにWordPressサイトのフッターを一致させると簡単に数値を知ることができます。

IDを利用してフッターかぶりを解消

「Q2W3 Fixed Widget」の設定画面には「停止ID」項目があります。これはスクロールをストップさせる位置をID名で指定できる機能です。例えばフッターに「id=”footer”」とある場合、「footer」と入力すれば、その直上で追尾をストップできます。先述したピクセルでの制御方法と同じ効果が期待できるので活用して下さい。

スマホ表示でデザイン崩れを防ぐ(レスポンシブ対応)

レスポンシブ対応がされたWordPressテーマは多く存在します。そのためWordPressの追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」を導入する際には、スマホ表示の際に適切に表示されるようレスポンシブ対応をする必要があるのです。
ただ単純に追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」を有効化させると以下のようなデザイン崩れが起こりやすくなります。

このようなデザイン崩れを回避するためには、スマホ表示時に追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」を無効化すると効果的です。WordPressのレスポンシブデザインテーマの多くは、ブラウザの横幅でPCとスマホのデザインを切り分けています。その分岐点となる幅pxを入力します。

WordPressの設定画面から「外観 > Fixed Widget 設定」で「Q2W3 Fixed Widget」を開きます。「幅を無効化:」項目にスマホに切り替わる際の横幅を入力します。分岐点となる幅ピクセルを知る方法は先述した『ブラウザの幅や高さを知る方法』を参考にしてください。

以上でスマホ表示時のスクロール追尾によるデザイン崩れを防ぐことができます。

スポンサードリンク

Google AdSense広告のスクロール追尾は基本NG

GoogleAdSense広告のスクロール追尾は基本的に禁止されています。違反した場合はアカウント停止にもなりかねないので注意しましょう。ただし、一定以上の成果を出しているブログに関してはGoogleから許可が出されることもあるようです。興味がある人は、個別にGoogleへ問い合わせてみても良いでしょう。

内部SEOにも効果大!WordPress追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」

WordPressの追尾プラグイン「Q2W3 Fixed Widget」は、特定の広告やバナーなど、自分のブログの中で特におすすめしたい部分を、ユーザーに強く印象づけることができます。内部SEOの観点から見ても効果を発揮する仕組みなので、ぜひ積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このテーマの関連記事はこちら

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。