ライティング

ライティングがアフィリエイト成功の鍵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログなどで特定の商品を紹介して、実際に商品が売れると数%のお金が貰える仕組みをアフィリエイトといいます。アフィリエイトで成功するにはWebに関する専門知識やスキルが必要だと考えている人は多いもの。しかし実際に必要なスキルはライティングスキルだといわれています。
アフィリエイトライティングにおける、注意するべき基本的なポイントなどを解説します。

sponsored link

アフィリエイトのライティングはわかりやすさが重要

ライティングとは書くことです。普段文章を書かない人は、書くこと自体に尻込みしてしまうことがあります。小説などを書く場合と違い、アフィリエイトのウェブライティングでは難しい言い回しや文学的表現は必要ありません。わかりやすさが重要視しされます。

ネットユーザーのほとんどは初心者

何かわからないことがあると、スマホやパソコンで検索をします。知識がないということは、その分野において初心者だということです。そのためインターネットユーザーの多くは、何かしらの初心者である可能性が高いといえます。
アフィリエイトの文章を書くとき、初心者向けに書くことを念頭に置かなければなりません。文学作家のように難しい表現をしたり、専門用語を使いすぎたりすることは、ウェブライティングにおいてマイナスポイントです。
ただし特定の業界についてライティングをするときには、専門用語を使わなければならない場面もあります。そのようなときには、注釈をつけることを忘れないでください。常に初心者に向けて書いているという気持ちが大切です。

ユーザーのニーズを的確にとらえる秘訣

アフィリエイトの文章では、ユーザーが求める情報を的確かつシンプルに伝えるライティングが求められます。そのためにはユーザーのニーズを的確に読み取らなければなりません。ニーズを読み取るというと難しそうに聞こえますが、要するにユーザーに寄り添って親身になって考えることが大切なのです。
まずは想像することです。たとえば「アフィリエイト ライティング」というキーワードで検索する人はどのような悩みを抱えているのか。自分だったらどのようなアンサーが用意されていると納得できるのか。などを当事者になったつもりでイメージします。

「だから何」で先回りする

ユーザーのニーズを掴んだらテーマを設定します。基本的に1ページ1テーマが大原則です。そのページの文章を通じて伝えたいことをテーマに選んだら、その結論に向けて文章を書き出します。
たとえば「アフィリエイトライティングに文学的な言い回しは不要」というテーマがあった場合、それを伝えるだけでは不十分です。ユーザーは「だから何?」と疑問に思うからです。「だからユーザーのニーズを汲み取らなければならない」「だから分かりやすいライティングを心掛けなければならない」と先回りして文章を考えてください。そうすることで説得力を含んだ文章を書くことができます。

ライティングを始める準備

アフィリエイトライティングを始めるには、基本的な順序があります。慣れてくれば自分なりのやり方で良いのですが、初心者のうちは以下を参考にして書き始めてください。

テーマを決める

テーマとは、その文章で伝えたいことです。そのためにはユーザーのニーズを把握しなければなりません。初めて犬を飼う人がターゲットの場合、「犬の飼い方」がテーマとなります。家でラーメンを作ろうとする人がターゲットの場合は「ラーメンの作り方」がテーマです。
テーマはサイト全体のものと、ページごとのものとがあります。「犬の飼い方」がサイトテーマだとしたら、ページテーマは、「犬のしつけ方」や「おすすめの犬の餌」などです。このようにサイトテーマとページテーマが親子の関係になります。
テーマを決めるときには、想定読者を決めてください。この想定読者はターゲットや対象者、ペルソナと呼ばれるものです。相手をはっきり意識することで説得力の備わった文章をライティングできます。

具体的な構成を決める

いきなり本番の文章をライティングする前に、大雑把に構成を決めておくと書き出しやすいです。たとえば「犬のしつけ方」というテーマのページであれば、「犬の習性」「犬をしつけるタイミング」「餌を効果的に使う」「褒めるだけでなく叱ることも大切」など小見出しになる項目を書き出します。その際、それぞれの項目でどのような内容を書くか、メモしておくことも有効です。
たとえば「犬の習性」では、『犬は群れで過ごすとボスになりたがる』『人間社会ではランクを付ける』『自分より上のランクの人間のいうことにしか従わない』などをメモします。すると実際にアフィリエイトライティングをする際にスムーズに書き出せます。

ニッチなニーズがテーマの場合

ニッチには、「狭い」や「少ない」という意味があります。ニーズには、特定少数の人だけが興味を持つものがあり、それをニッチなニーズと言うのです。
ニッチなニーズに向けてアフィリエイト文章をライティングする際には、普通の文章を書くより気を使う必要があります。たとえば、文頭で専門用語の解説をしたり、このページの文章がどのような層に向けたコンテンツであるかを解説したりするのです。
また具体的な事例を交えて本文をライティングすると、読者もイメージしやすいため、自分が求めている情報かどうかを判断しやすくなります。

アフィリエイトライティングではわかりやすさが大切

アフィリエイトに限らずウェブコンテンツの文章では、わかりやすさが重視されます。そのためライティングをするときには、ユーザーを初心者だと想定する必要があるのです。できるだけわかりやすい言葉で、理解しやすいように書くことを心掛けましょう。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*