浴衣にインナーは必要?自分に合ったインナー選びのポイント

夏のイベントでは浴衣を着用する事が人気です。しかし、浴衣の着用時にインナーを着けるかどうか迷っているという方も多くいます。今回は、浴衣着用時のインナーの必要性や自分に合ったインナーの選び方を紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

浴衣でインナーを着る理由

現在販売されている浴衣の中には、化学繊維で作られている商品も多くあります。化学繊維は、汗に張り付きやすいといった特徴があり、インナーなしで化学繊維の浴衣を着用すると肌に浴衣が張り付き、動きにくくなるだけではなく、不快感や暑さが増してしまいます。

また、夏用の浴衣は生地の厚みや色が薄い商品も珍しくありません。そのような浴衣は、着用している最中に汗をかくだけで素肌が透けて見えます。日が沈んだ暗い時間帯の屋外であれば、汗が原因となる浴衣の透けに気付かれる心配はあまりありません。しかし、日中や屋外といった明るい場所では、周りの方に浴衣が透けている事に気付かれてしまうリスクがある事から、インナーの着用が推奨されています。

スポンサードリンク

浴衣専用のインナーも多い

現在は、数多くの衣料品メーカーから浴衣専用のインナーが販売されていて、主流となっているのがワンピースタイプのインナーです。浴衣の下に着用するだけで着用時に心配になる透けを防止出来ます。また、上半身には汗を吸う綿、下半身にはひっつきを抑えるポリエステルと体の部位に合わせて異なる素材が使用されている商品も増えています。

ワンピースタイプ以外にも、使い分けが出来る上下別の専用インナーや裾よけ代わりになるステテコ等、様々なタイプの専用インナーが存在します。しかし、浴衣を着る時には絶対に専用インナーを着用しなければいけないという事はありません。オフショルトップスやキャミソールといった上半身の汗を吸う普段から使用しているインナーでの代用も可能です。

自分に合ったインナー選びのポイントとは?

浴衣専用インナーを購入する際には、自分の体型に合ったサイズを選ぶ事が重要です。体に合わない大きめサイズを選ぶと浴衣を着用した際に、インナーが邪魔になり無駄に汗をかいてしまいます。一方、小さめサイズは、体への締め付けが強くなり体調を崩す原因となる危険性があります。着用した際に、窮屈さを感じないフィット感のあるサイズが最適です。

また使用されている素材もインナー選びのポイントの1つです。麻素材は、吸水性・発散性に優れていて通気性は良いですが素材が固いといった特徴があります。化学繊維の綿麻ポリエステル素材は、シワが付きにくく自宅で洗濯も出来る使い勝手の良さから人気となっています。素材ごとのメリット・デメリットを比較した選び方もオススメです。

浴衣を着用する時にはインナーを着た方が良い!

浴衣で快適に過ごせるだけではなく、下着や素肌の透けを防げる事からインナーの着用が推奨されています。浴衣を汚したくない、元々持っているキャミソール等でも問題はありませんが、出来るだけ長く使いたいという方は専用インナーの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このテーマの関連記事はこちら

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。