マネー

お金の不安を払拭して幸せに暮らすコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「お金がいくらあっても不安」という人は多いのではないでしょうか。それは月収20万円の人も、月収100万円の人も同じ。どれだけ稼いでいても、今よりもっと多く稼ぎたいという欲が生まれるからです。そのため、お金に関する欲望を、自分で思う通りにコントロールすることができれば、人生を幸せに暮らすことができるともいえるでしょう。

sponsored link

最低限度の生活費をシミュレーションする

収入がいくら欲しいか聞かれれば、今の給料より多い金額を言うものです。しかし、その金額を達成した時には、さらに大きい金額を言うでしょう。つまりお金に関する欲望は限りがないのです。
そもそも、自分や家族が最低限度の暮らしをするために、どのくらいの金額が必要なのでしょうか。その金額を、シミュレーションしてみましょう。
家賃や食費、毎月かかる雑費や、ガス・水道・電気といったライフラインにかかる費用など、具体的に算出します。シミュレーションの中では、すでに持っているものは新しく買い揃えません。つまり冷蔵庫やベッドなどがあれば、それを買い換える費用は計算しないのです。もしマイホームをお持ちの場合、ローン費用は計算に入れなければいけません。賃貸物件の場合は、現在の家賃より低い家賃でも暮らせるのであれば、その家賃で計算しましょう。スポーツジムに通っている人は、自宅で同じ運動を行うことができれば、その費用も節約できるかもしれません。

満足できる収入のライン

このように現在の生活を基準として、縮小できるところを縮小したシミュレーションをすると、最低限度の生活費用が算出できます。大切なことは、最低限度のラインが、満足するラインとイコールにならなければいけないということ。生活費用を切り詰めることで心身ともにストレスを感じるようでは、意味がありません。
自分の満足ラインを知ることで、月収20万円では足りず25万円必要だとわかれば、差額を埋めるための努力も具体的に行うことができます。反対に月収30万円を得ている人の満足ラインが20万円だったとしたら、10万円の余裕が生まれることになるでしょう。
このとき貯金に関しては考えないようにします。貯金は多ければ多いほど嬉しいものだからです。しかし、欲望は際限なく生まれるので、満たすことは不可能です。欲望を満たすことが出来ないとストレスを感じるかもしれません。ストレスを感じると、満足できず、貯金がいくらあっても生活は豊かにならないでしょう。

最低ラインを知り、挑戦の意欲を育む

自分が満足できる最低の収入ラインがはっきりすると、曖昧なお金の不安から開放されます。お金に不安があると、自由に使えません。逆に自分自身の収入ラインがはっきりして、自由に使えるお金があると判れば、資産運用や自分磨きへの投資も思う存分行うことができるでしょう。つまり新しいことへ挑戦する意欲を育むことにつながるのです。
また世界情勢は刻々と移り変わるものです。そのとき大切になるのは柔軟な思考と、実際に行動するときの瞬発力。「この金額さえあれば大丈夫」というラインがわかっていれば、余計に慌てることなく、冷静な判断によって行動することができるでしょう。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*