マネー

クレカ所持がカードローン審査に悪影響を及ぼす可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クレジットカードの所持枚数が、新たに受けるカードローンの審査に影響すると考える人は多いでしょう。実際に影響があるのでしょうか。所持カードの枚数だけでなく、利用状況も関係あるのかどうか、またどの程度の割合で関係するのかどうかを解説します。

sponsored link

クレカの所持数は、カードローン審査には基本的には無関係

実はカードローンとクレジットカードは該当する法律が異なります。カードローンは賃金業法に基づいており、クレジットカードは割賦販売法という法律に基づいているのです。
法律が違うということは、カードローンとクレジットカードの限度額も異なるということ。さらに審査基準も共有していません。
そのため、クレジットカードの所持枚数がカードローンの審査基準に影響を及ぼすとは考えにくいのです。しかし、クレジットカードの返済が遅れているなどの状況が進行中だったり、過去にそのようなことがあったりしたら、影響はあるでしょう。

クレジットカードの利用状況はローン会社に筒抜け

どのようにしてクレジットカードの利用状況が発覚してしまうのでしょうか。
まずカードローン会社では、融資申し込みが会った際に、利用者を調べるため、信用情報機関へ照会を行います。これは必ず行われることであり、この時点でブラックだと判断された場合、基本的には融資してもらえません。
信用情報機関は複数ありますが、いずれかの機関に良くない情報が登録されていると致命的です。これらの情報は業者間で共有されているからです。
そのためクレジットカードの利用状況は、ローン会社に筒抜けであると思ったほうが良いでしょう。

カードローンを通りやすくする対策

カードローンの審査を少しでも通りやすくするためにできることはいくつかあります。とくに所持しているクレジットカードに対する処理をおこなうことで、少しでも印象を良くするように努めましょう。
まず、使用していないクレジットカードは解約することをおすすめします。もし借金返済が遅延したりした過去があるクレカであれば、すぐに解約してしまいましょう。解約するときの注意点は、ポイントなどの特典をすべて使い切ってしまうことです。享受できるメリットはいただいてから、リスクをカットしましょう。
また借金の履歴はないほうが良いので、できるなら他のクレカやローンは返済しておくと良いでしょう。完済することが無理ならば、少しでも残高を減らしておくことをおすすめします。カードローン会社は審査をするときに申込者の返済能力をチェックします。他に借金が多くあれば、返済能力なしとして審査を通さないことも考えられるからです。

クレカのキャッシングとカードローンを比較

クレジットカードにはキャッシング枠があり現金の融資を受けることができます。これはカードローンと同じだと言えるでしょう。ではどちらを利用したほうが得なのでしょうか。両者を比較すると、仕組みなどに差が生じていることがわかります。
クレジットカードに付いているキャッシング枠を利用する場合、カード自体の限度額にキャッシング枠の限度額も含まれているのです。
対してカードローンはキャッシング機能だけしかありません。そのためクレカのキャッシング枠より限度枠のリミットを広く設定することができるのです。限度額を高く設定するということは、より多くの金額を融資できるということなので、利率も低く設定することができるのです。
そのため限度額が高いほうが良いのならカードローンのほうがお得だと言えるでしょう。

クレカの傷はカードローンに響く

クレジットカードの利用状況がクリーンである場合は、カードローンを申し込む際に審査に影響することはありません。しかしクレジットカードの返済が遅れていたりした場合には悪影響が出ます。そのためクレジットカードの利用履歴には傷をつけないよう気をつけましょう。早めに完済したほうが新たにカードローンを申し込む際には有利になります。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*