POSシステムの3大メリットの理解がPOS導入の秘訣

POSシステムを導入すると、どんな良いことが起こるのか?
具体的なメリットを把握している人は、多くありません。

「POSさえ入れれば大丈夫」という思い込みで導入すると失敗の元です。
メリットを理解して導入後のイメージを築きましょう。

POSシステム導入のメリットは、大きく3つあります。
できるだけ詳細に説明するので、御社の状況と照らし合わせてご検討ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

POSシステムの3つのメリット

POSシステムを導入すると、企業には以下のメリットが生まれます。

  • オペレーション上のメリット
  • マネジメント上のメリット
  • マーケティング上のメリット

それぞれ詳しく説明します。

スポンサードリンク

POSシステムによるオペレーション・メリット

小売店のオペレーションとは、日常の店舗業務です。
レジ業務はもちろん、商品陳列やお客様対応にも至ります。
POSシステムを導入すると、各種オペレーションが効率化されます。

【人間の動きに関するオペレーションメリット】
・お会計時の時間短縮
・商品状況変動による登録ミスの減少
・スタッフによる不正防止
・レジに関する教育時間の短縮

【データ収集に関するオペレーションメリット】
・売上ごとに発生する新データのインプット作業
・自動化された情報収集による信頼性の向上
・商品単位での売れ筋・捨て筋データの収集
・販売に影響を与えるデータ収集

POSシステムによるマネジメント・メリット

ショップ単位でのマネジメントメリットとして、まず事務処理の効率化があります。
保有する現金の管理や、紙媒体の伝票処理の業務削減が思い浮かびます。
また、商品を過不足無く、正しく陳列するための情報が整う点も大きなメリットです。
このような正しい商品情報があると、タイムセールなども行いやすく、顧客増加のためのプロモーションも打ち出しやすくなります。

少し引いた経営者目線でもマネジメントメリットは期待できます。
まず、商品単位での売筋・死筋管理が可能です。
売れる商品だけ仕入れて、売れない商品は減らすので商品の在庫削減につながります。
上手くサイクルが回りだすと、商品回転率が向上します。
究極的には、商品別の利益管理を行い、商品管理の効率化を図ることが可能です。

また、顧客の購買動向を掴み、時期を見越したタイムリーな販促活動ができます。

さらに、新商品の開発や導入を計画できるメリットもあります。

POSシステムによるマーケティング・メリット

POSシステムを導入することで、お客様ニーズなどの外的要因に活かすことが出来るメリットがあります。

お客様の要望にあった品揃えを実現できれば、満足度と信頼感を得られます。
POSレジによる迅速な対応も、お客様の満足度につながります。

購入地点にPOSシステムを置くことで、お客様を会員化することが容易になります。
会員となったお客様の買物動向を知ることは、的確なセールスプロモーションに繋がります。

スポンサードリンク

POSシステムによるメリットのまとめ

POSシステムの導入を成功させるには、上記のメリットを把握・理解する必要があります。
その上で、タスク目標と達成に至るフローも明確に定めます。

メリットを理解すると目的が定まります。
例えば、顧客管理が出来るメリットがあるなら、有効な販促活動を展開しようという目的が生まれます。

POSシステムを導入する目的を再確認して、一つづつ目標をクリアしていくことが、POSシステム導入を成功へ導くカギになるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

このテーマの関連記事はこちら

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。