ディスク領域の割り当て-Thunderbirdエラーの2つの解決法

Thunderbirdはフリーで利用できるメールクライアントのひとつです。長く使っているとエラーが発生することがあります。

IMAP クォータ:ディスク領域の割り当て 1024000 KB 中の 1024000 KB 使用しています。クリックすると詳細を表示します。

上記のディスク領域の割り当てエラーが発生すると、Thunderbirdで新たにメールを受信できません。記事では2つの対処法を解説します。PC環境などによって使い分けてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ディスク領域の割り当てエラーが発生する原因

ディスク領域の割り当てエラーが発生する原因は、メール容量がリミットオーバーしているからです。上記のエラメッセージでは1024000 KB=約1GBの容量が一杯になってしまったことを表しています。
容量の重い画像添付のメッセージを多く受信していたり、数年に渡ってメールを受信したままだったりすると、起こりやすいエラーのひとつです。

スポンサードリンク

ディスク領域の割り当てエラーを解決する方法

Thunderbirdで発生するディスク領域の割り当てエラーを解決する方法は2つあります。
まず1つ目が、不要なメールを削除することです。IMAPの設定であれば、メールクライアント上でメールを削除するだけで、メールサーバの領域を回復することができます。

2つ目が、メールサーバの領域を広げることです。不要なメールの選別が難しかったり、面倒だったりする場合に適しています。やり方は、レンタルサーバなどにログインして、コントロールパネルなどから設定を変更するだけです。詳細はサーバ会社に問い合わせる必要があります。

ディスク領域の割り当てエラーには素早い対処が大切

ディスク領域の割り当てエラーが発生している場合、新たなメールを取りこぼしてしまう危険性があります。そのため、早めに対処することが大切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。