SNS

インスタグラムを収益化する方法を簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インスタグラムは、近年急速にアクティブユーザー数を伸ばしているSNSです。TwitterやFacebookに追いつき追い越す勢いがあります。
多くのユーザーが存在するインスタグラムをうまく収益化することができれば、副業として稼げると考える人も多いでしょう。文章が苦手な人はブログで収益を伸ばすことは難しくても、写真を撮るだけならできるかもしれません。
記事では「インスタグラムは本当に収益化できるのか」「インスタグラムを収益化する方法」を解説します。


sponsored link

インスタグラムを収益化するには

インスタグラムを収益化することはできるのか。実際に利益を得ている人は存在します。彼らはインスタグラマーと呼ばれています。
インスタグラマーとは、頻繁にインスタグラムに写真を投稿していたり、インスタ映えする写真を投稿したりする人のことです。多くのフォロワーを獲得していることが多く、大きな影響力があります。多くの人に影響を与えるという意味で、インフルエンサーと称されることもあるのです。

影響力のあるインスタグラマーは、インスタグラムを収益化できます。大げさに言えば、1投稿で数十万円を稼ぎ出すことも可能です。言うまでもなくそのような高収入インスタグラマーはごく一部の人だけ。普通の人は、一円も稼げていないのが現状です。

以下では、大金を稼ぎ出すインスタグラマーの収益の仕組みと、普通の人でもインスタグラムを収益化する方法をそれぞれ解説します。

インスタグラムで収益を得る方法1_スポンサー収入

インスタグラムで大きな収益を得ている人の多くは、企業とスポンサー契約をしています。どうすればスポンサー契約をとれるのでしょうか。
まず、インスタグラムに写真を投稿することからスタートします。インスタ映えする写真などを投稿することで、フォロワーが増えます。
フォロワーが1万を超えれば企業から声がかかるかもしれません。企業と契約を結ぶと、たとえば商品を紹介するよう依頼されるでしょう。商品写真を投稿して多くのユーザーから「いいね」が付けば、その分報酬として支払われます。企業との契約内容はケースバイケース。

あるファッションブランド企業との契約内容では、1年間という期限付きで月収30万円の報酬が得られました。インスタグラマーは、毎月3回で合計18回の投稿が義務付けられます。ただし、契約期間中は他ブランドのファッションアイテムを投稿することが禁止になるなどの条件が付くこともあります。

またスポット(単発)での依頼もあります。例えば期間限定のキャンペーンに関する写真を投稿してほしいというものです。このような場合、フォロワー数×単価で報酬金額が異なります。単価5円の場合「2万人のフォロワー数がいれば5円×2万フォロワー=10万円」です。

このようなスポンサー契約を撮るには、フォロワー数を増やすことが絶対条件。フォロワー数があれば企業からのオファーを待たなくても、自分から営業をかけることもできます。

インスタグラムで収益を得る方法2_写真自体や商品を販売

企業とスポンサー契約を結ぶには大変な努力が必要です。一朝一夕にはできません。そこまで時間がかけられないという場合、セールスによってインスタグラムを収益化させる方法もあります。
具体的にはインスタグラムに投稿した写真自体を販売したり、写真をグッズに加工して販売したりする方法です。

まず、インスタグラムに写真を投稿します。プロフィール欄に、「写真の元データが欲しかったら連絡ください。料金の支払方法を伝えます」などのメッセージを残しメールアドレスなどを記載します。これが最もシンプルな方法です。

専用のアプリやWebサービスも存在する

「写真を購入したい」という人がいても、実際にやり取りを交わしたり、入金確認をしたりするのは骨が折れる作業です。収益は上げたいけれど、無駄な手間はできるだけ省きたい。そのような人は、専用のアプリやWebサービスを利用すると良いでしょう。うまく活用するだけで、インスタグラムに投稿することだけに集中できる環境が作れます。
以下で紹介するサービスは、英語のサイトです。そのため少し不安に感じるかもしれませんが、インスタグラムを収益化させたいならチャレンジしてはいかがでしょうか。

MOBILPRINTS(外部リンク)
Twenty20(外部リンク)
Snapwire(外部リンク)

法律遵守が基本

インスタグラムに限らず、写真や動画をインターネット上で取り扱う際に注意してほしいのが、肖像権や著作権などの問題です。撮影してはいけない人物や物、建造物が写ってしまうとトラブルのもとになります。たとえ意図せずに撮影してしまい、それと気付かずに投稿したり、販売したりしてしまうと、言い訳にはなりません。

そのような問題ある写真をインスタグラムに投稿するだけでも危険なのに、もし販売までしてしまったら、更に大きな問題となる可能性があります。
そのため権利関係の法律には、特に注意してください。

インスタグラムを収益化させるには楽しむこと

ブログやYouTubeにはアフィリエイト広告が気軽に貼れます。そうすることで手軽に収益化できるでしょう。しかしインスタグラムは画像コンテンツがメインです。そのためアフィリエイト広告を貼るのに適していません。プロフィール欄に購入サイトへのアフィリエイトリンクを貼り付ける手段もありますが、非効率的です。

インスタグラムを収益化するには、企業とスポンサー契約を結ぶ必要があります。しかしハードルは高いでしょう。また、個人的に写真を売り買いすることも可能ですが、いわゆるインスタ映えする写真が必要です。そのための撮影スキルを磨く必要もあります。

つまりインスタグラムで収益を得るには、地道な努力が必要ということです。毎日写真を撮り、インスタ映えする投稿をして「いいね」を獲得し、フォロワーを増やさなければなりません。難しいですが、その分成果が出たときには喜びも大きいはず。なによりインスタグラムを楽しめる人には向いています。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*