ライティング

アフィリエイト文書の書き方のコツは感動体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アフィリエイトでは、文章で商品の魅力を伝えます。文章は大切なコンテンツです。良い文章はどうすれば書くことができるのでしょうか。良いアフィリエイト文章の書き方のコツは感動体験にあります。実際に感動した体験を伝える文章には説得力があり読者を引き込む魅力が生まれるのです。
記事ではアフィリエイト文章の書き方のコツを解説します。

説得力のあるアフィリエイト文章の書き方

前提として、紹介するアフィリエイト商品について納得していることが条件です。例えば「英会話商材」をアフィリエイトとして紹介するとき、ひとりは商品知識も薄く実際に使ったことがない人、もうひとりは実際に商材を利用して効果を実感している人だとします。この場合、言うまでもなく後者の言葉に説得力が生まれるでしょう。

なぜなら、実際に効果があることを体験した人の言葉には熱意がこもるからです。熱意ある言葉で説得されると、つい購入したくなるのが人間心理だといえます。つまり説得力のあるアフィリエイト文章を書くには、体験をもとにするのが近道だということです。

アフィリエイト商材に詳しくなる

新入社員が営業活動をするとき、自社商品の知識を頭に叩き込みます。商品知識がないと仕事にならないからです。アフィリエイトでも同じことがいえます。アフィリエイト商材を売るためにはそのための知識を網羅しなければなりません。さらに知識を詰め込むだけでなく、あなたが商材に感動する必要があるのです。

何の変哲もない普通の商材で感動することは難しいと考える人がいるかもしれません。しかし商材には優れた点はあります。その特徴を汲み取って、分かりやすく伝えるための文章を書くことがアフィリエイトの使命といってもよいでしょう。そのため、優れたアフィリエイト文章を書くためには、商材に詳しくなる必要があります。

稼げていないアフィリエイトサイトの多くは、この作業を行っていません。上辺の情報だけを書いたページを機械的に量産するだけでは、満足いく成果は得られないのです。

無機質にならない文章の書き方

無機質な文章とは、気持ちがこもっていない文章のことを指します。ASPが提供するPR文章をそのまま使用したり、クチコミを精査なくコピペしたりするだけではユーザーの興味を引くことはできません。自分なりの切り口や感想を交えてオリジナリティを出す必要があります。

コンテンツのオリジナリティはSEOの観点からも有効です。また紹介する全てのアフィリエイト商品を実際に使用する必要はありません。実際に利用した人のレビューなどを参考にしても良いでしょう。重要なことは、商品の持つ魅力を汲み上げて、多くの人に伝えるということです。

全ての商品知識を網羅することは不可能

商品知識は基本的にASPや公式サイトの情報を参考にして蓄積します。文章をコピペするのは論外ですが、ベースとなる商品知識をおさえておくことは大切です。しかしアフィリエイト商材は星の数ほどあり、全ての情報を網羅することは不可能なので厳選する必要があります。

選別の基準は、身内や友人にすすめられるかどうか。大切な人にすすめられる商材は、不特定多数のユーザーにも売れる可能性が高まります。なぜならあなたが熱意を持ってアフィリエイト文章を書くことができるからです。逆にすすめてよいかどうか判断に迷う商材は、切り捨ててください。どのようにこねくり回しても、説得力のある文章にはならないからです。

なぜ躊躇するのか

アフィリエイト商材を身内に紹介できない理由は、主に2つあります。ひとつはあなたがその商品の情報を十分に理解していないから。自分でもよくわかっていない商品は、当然誰にもすすめられません。
もうひとつは、商品に魅力がないから。アフィリエイト商材の中には、どこからどうみても魅力が見つからない商品も存在します。そのような商品は、早めに見限ったほうが時間を節約できます。

購入に迷う背中を押す文章の書き方

ネットショッピングをするとき、ユーザーは購入を迷うものです。他にもっと良い商品があるのではないか、そもそも自分に必要な商品かどうか、理由はさまざま。迷った背中を押す文章の書き方を身につけなければ、商品は売れません。
背中を押すという表現はしましたが、無理やり押し売りをするイメージはしないでください。あくまでも正しい情報を適切なユーザーに伝えて、間違いのない買い物をしてもらうことが目的です。仕事が忙しくダイエットの時間がとれないOLに対して、禅寺での長期間ダイエット合宿を紹介しても、申込みには至らないでしょう。この際の文章では、きちんとダイエット合宿の特徴を捉えて文章を構成します。アンマッチのユーザーに無駄な時間を使わせない気遣いが大切です。

ユーザーの「なぜ」に先回りする

アフィリエイト文章の構成に、結論からブレイクダウンする型があります。たとえば、痩せるダイエットサプリがアフィリエイト商材だとします。
「なぜ有効か?」→○○という成分が含まれているから。
「安全か?」→信頼の置ける機関の研究がされているから大丈夫。
「なぜこの値段なのか?」→主要成分が希少で大量生産が難しいから。
「なぜあまり世間に知られていないのか?」→昨年開発されたばかりの商品だから。
このようにアフィリエイト商品に対してユーザーが感じる疑問を先回りして解決し、文章に含めた書き方をすると説得力が生まれます。

ニッチな商品もおすすめ

誰でも名前を知っている有名な商品であれば、サイトに多くのアクセスが集まり売上が伸びるかもしれません。しかし同じような考えのアフィリエイターが多く、同様の文章を書いている可能性が高いので競争率が高くなります。競争率が高まると文章の書き方以外の、SEOなど専門分野での競争が必要となり、より勝ち抜けることが難しくなるのです。

一方ニッチな商品は、求める人も少ないので売上が伸びないと思われています。しかし競争率は低くなるので意外と良い稼ぎになることもあるのです。知識があるニッチ商品があれば、アフィリエイトとして文章を書くこともおすすめします。ただし、最低限のSEO知識は必要です。

アフィリエイト文章の書き方はユーザーありき

アフィリエイト文章を書くときには、顔も知らないユーザーを想像しなければなりません。性別、年齢、職業、商品購入を検討している状況などを想像します。そうして創り出したユーザーが求めるポイントを分かりやすく文章に書くことがアフィリエイターの役割です。
つまり商品の魅力をすくい上げ、ユーザーの疑問を汲みとった文章を書くことができれば、アフィリエイトで成功する可能性が上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*