脚本家の年収に驚愕!マル秘ギャラ事情

脚本家の年収は一般にはあまり知られていません。映画やドラマなどジャンルによったり、脚本家別にギャラの格差はあるのでしょうか。記事では、脚本家の年収や、脚本1本単位でのギャラ事情について解説します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

実力があれば脚本家の年収は高い

脚本家と聞けばお金持ちになれる職業だと思う人も少なくはありませんが、年収は実力によって異なります。特に新人の間やヒット作を生み出すまでは、ギャラの安さは否めません。売れない脚本家は仕事を依頼されないので脚本家としての年収で言えばゼロに近く、そのような立場であれば副業を持つ場合が多いです。一方で、人気が高ければ1000万円を超える年収を得ている脚本家も存在しています。

例えば、テレビの連続ドラマは一話につき50万円~100万円のギャラがだいたいの平均で、13話で換算すると1000万円前後の収入となるケースも多いです。とは言え、テレビドラマで脚本を依頼される脚本家はほんの一部と言えます。企業の中で脚本を執筆する脚本家も存在しますが、多くはフリーランスで仕事を受けますから、依頼がなければ高い年収は見込めないのです。

スポンサードリンク

ハリウッドの脚本家には年収億越えも!

世界で活躍する脚本家となれば年収はとてつもない額になります。世界中の誰もが知っている様な映画の脚本であれば1億2000万円程度のギャラが通常で、加えて映画賞で受賞すれば更にボーナスが上乗せされるケースが多いです。加えて、映画の脚本は積極的に売買され、ひとつの作品につき、1200万円~3億6000万円程度の金額で取引されています。ハリウッドで活躍する脚本家はかなり高額な脚本料を得ていますが、その分熾烈な争いがつきもので、ヒット作を生み出せる高度なスキルを持つ脚本家でなければ生き残りは難しいでしょう。映画だけでなく、テレビドラマの脚本料も1時間分の脚本で450万円と高額です。

アニメやラジオドラマの脚本家は稼げない?

ドラマや映画以外でも脚本家は必要とされます。多くの場合、執筆する脚本が放送される長さによってギャラが異なるので、アニメの脚本料は安価です。テレビアニメは30分で放送される作品で20万円~30万円程度、近年増えているショートアニメであれば30分アニメの半額かそれ以下となります。

一方、ラジオドラマの場合だと放送時間の長さに関わらずギャラが安いケースも少なくありません。1時間のラジオドラマで10万円程度かそれ以下と言う場合もあります。ただし、アニメでもラジオドラマでも脚本家の実力によって報酬は全く異なるので、映画やドラマでなければ年収が高くならないとは言えません。また、脚本を依頼する制作者やテレビ局などによっても、脚本料に違いがあります。

脚本家のジャンル別平均年収

ハリウッドの脚本家を除けば、国内で平均年収が高いのはテレビドラマの脚本家です。テレビドラマの脚本家は年収650万円~1000万円以上が平均とされています。アニメの脚本家は売れていれば年収1000万円以上の人もいますが、平均年収は320万円~1000万円程度です。

映画の脚本家は依頼された映画の規模によりギャラが異なります。平均年収は100万円から500万円程度とされていますが、2時間の映画で50万円と安めのギャラがある一方で200万円~500万円程度の脚本料が支払われるケースも少なくありません。

2017年に出た男性サラリーマンの平均年収約531万円に対し、脚本家全体の平均年収は520万円ですのでやや低めと言えますが、脚本家は実力の差が年収に大きく影響するため一概に稼げない職業とは言えません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。