作家のブログからマインドを盗む!おすすめ4ブログ

プロの作家・脚本家はどう考え、どのような手順で執筆しているのか興味ありませんか? ブログでその一部を公開している作家も多くいます。

記事ではおすすめのプロ作家・脚本家4人のブログを紹介します。書籍とは違い、手軽に執筆・更新できるブログでは「作家のマインド」を感じ取ることができるでしょう。執筆の際の参考としてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

作家・脚本家「大石静」のブログ

「静の海」
http://blog.5012.jp/ohishi/

作家・脚本家「大石静」のブログ

大石静は、主にホームドラマを手がけてきた脚本家です。「長男の嫁」「家売るオンナ」など、家庭もしくは社会で輝く女性を描くことに定評があります。また、連続テレビ小説「ふたりっ子」「オードリー」、大河ドラマ「功名が辻」の脚本を書いたことでも有名です。「コントレール~罪と恋~」など、情緒あふれる恋愛ドラマの脚本も多いです。さらに、「まぼろしの邪馬台国」など映画の脚本も書きました。

「四つの嘘」などの小説も出版しており、作家の側面も持っています。大石静は歴代の作品や放映された年、テレビ局などをブログに細かく記載していますので、とても参考になります。さらに、ドラマの宣伝をこまめにアップしていますから、細やかな配慮が伝わります。

スポンサードリンク

作家・脚本家「尾崎将也」のブログ

「MASAYAOZAKIOFFICIALBLOG」
http://ozakimasaya.jp/blog/

作家・脚本家「尾崎将也」のブログ

尾崎将也は「Age35」「結婚できない男」など、ヒットドラマの脚本を書き続けてきました。トレンディドラマのほかに、「赤ひげ」などヒューマンドラマも手がけていることで名高い脚本家です。また、ドラマが大ヒットした「特命係長只野仁」が映画化された時も、脚本を書きました。

尾崎将也はブログで、ストーリー作りのヒントや主人公の在り方などを書き記しています。脚本家を目指している方には役立つ情報が、とても多いブログです。初心者に向けて、テーマの選び方などを記したブログもあります。基本的な脚本の技術を身につけたいならば、こまめに閲覧してみましょう。さらに、映画の分析などもブログで紹介していますから、映画が好きな方にぴったりです。

作家・脚本家「秦建日子」のブログ

「OFFICEBLUE」
http://takehiko-hata.com/

作家・脚本家「秦建日子」のブログ

秦建日子は「HERO」「ドラゴン桜」「アンフェア」など、たくさんのヒットドラマを生み出してきた脚本家です。また、「推理小説」「殺人初心者」など小説も出版していますので、作家としても活動しています。

ブログでは、自分が手がけてきた脚本や小説を紹介していますので、詳しく知りたい方に適しています。講演会など、幅広く活躍していますので、脚本やドラマ、映画などについて詳しく知りたいならば、積極的に応募してみることが大事です。脚本家としてテレビ業界に携わってきた歴史が長いので、とても有益な情報を得ることができます。さらに、作家としても、ミステリーのほかにライトノベルも手がけています。さまざまな種類の本を出版していますので、クリエイターに興味がある方に最適です。

作家・脚本家「田渕久美子」のブログ

「田渕久美子オフィシャルブログ」
https://lineblog.me/kumikotabuchi/

作家・脚本家「田渕久美子」のブログ

田渕久美子は連続テレビ小説「さくら」や、大河ドラマ「篤姫」「江~姫たちの戦国~」の脚本を書いたことで知られています。また、「ナースステーション」「女神の恋」「定年女子」など、女性が主人公の脚本を多く手がけています。

ブログには、自分の脚本が放映された時の感想なども書いています。演出に違和感があったこと、無事に最終回を迎えられて安堵したことなど、正直な心情が綴られていますので、親近感を持てます。さらに、脚本の一部をブログにアップしたり、出演者たちとの記念写真なども紹介していますから、リアリティを感じることができます。主人公を女性にした恋愛ドラマやお仕事ドラマなどの脚本を書きたいなら、田渕久美子のブログをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このテーマの関連記事はこちら

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。