脚本家になるには絶対やってはいけない10のタブー

広告:

脚本家には資格がありません。
プロとアマチュアの線引きもあいまいです。シナリオスクールは、全国に多数ありますが、卒業しても仕事を紹介してくれる保証はありません。
では、脚本家になるには、一体どうしたらよいのでしょうか?

残念ながら、脚本家になるための、明確な答えは存在しないのです。「コレをやれば脚本家になれる」「あの場所に行けば必ず脚本家になれる」というものはありませんし、そのような広告を見つけたら疑いましょう。

しかし、脚本家を目指すなら、絶対にやってはいけないことは存在します。これから伝えることをやっていては、絶対に脚本家にはなれないでしょう。
脚本家になろうという方は是非チェックしてみてください。

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。