あらすじで迷わない!書き方のコツ

あらすじは映画の第一印象を決める大切な要素です。映画の魅力を上げるも下げるも、あらすじ次第。あらすじだけを読んで「退屈そうな映画だな」と思われないために、基本的な書き方のコツをしっかりと学んでおきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

全体の文字数に注意する

あらすじの文字数は長すぎても短すぎてもいけません。短すぎると映画の内容が伝わりにくくなりますし、逆に長すぎると読む人が途中で飽きてしまう可能性が出てくるからです。簡潔に内容をまとめられて読むのが苦にならない目安となる長さは、おおよそ150文字から300文字くらいだと考えてください。慣れないうちは文字数を気にせずにあらすじを書いてみて、そこから不要な情報を削っていくとよいでしょう。

この「削る」作業を繰り返していけば、段々と適切な文字数の間隔がつかめるようになります。自分の好きな映画などのストーリーを要約することで、文章を簡潔にまとめる練習を行うのもおすすめです。

スポンサードリンク

余計な情報を入れずにストーリーの主軸を書く

単に「あらすじ」と言われても、なにを書けばいいのか判断できず、あれもこれもと内容を書き連ねてしまう人は多いです。しかし、情報を取捨選択せずに詰め込むだけでは文章量が膨大になり、理想的な文字数に収めることはできません。必要なのはストーリーの主軸部分。まずは、メインストーリーの流れを箇条書きにして整理するところから始めてみましょう。

また、ストーリー部分とは別に舞台設定を説明しておくことも忘れずに。簡単な時代背景や世界観を添えておくことで、映画の内容への理解が深まります。全体的な書き方としては、最初に舞台設定の説明をして、そのあとにストーリーの流れを書いていくと違和感なくまとめられるでしょう。

凝った書き方をせずにシンプルな構成にする

映画のあらすじは小説ではないので、凝った文章技法を使う必要はありません。工夫を凝らすのは大切ですが、ごちゃごちゃと手を加え過ぎて肝心の内容がわかりにくくならないように注意しましょう。複雑な文章技法に頼らずとも、興味をそそるようなあらすじを書くことは可能です。

その方法のひとつが、内容を適度にぼかすこと。たとえば、起承転結の「転」部分をあらすじの最後に持ってくると、結末への関心が一気に高まります。また、「不思議な物体を見つける」や「予想もしない人物と再会」のように、キーワードとなる部分を直接的に説明しないことで、同様に読む人の興味をひくことができるはずです。

舞台設定やストーリーの大筋などは、はっきりと。注目してほしい部分は、あいまいに。対照的な書き方を使いこなして、あらすじを魅力的に見せましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。