脚本(シナリオ)が無料で読める!【新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)】

脚本が無料で読めるWebページを紹介します。本記事では【新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)】の入選作品をピックアップしました。

脚本を読むことは、執筆スキルのアップにつながります。また新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)への応募を検討している場合、傾向と対策を考えるヒントにもなるでしょう。ぜひご一読ください。
※脚本(シナリオ)のWebページは、予告なくリンク切れとなることがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)の受賞作品及び最終候補作品

佳作受賞【アトミック家族】山中貴裕

  • 脚本タイトル:アトミック家族
  • 作者:山中貴裕

大阪府高槻市にハリボテのように一つ建っているタワーマンション。今日もマンションの中では「”何階”の誰々さん」と”階差別”が繰り広げられている。その上層階、21階に住む“普通の家族”中山家。大手ゼネコンに務める健二、専業主婦の友梨、高校生の裕貴、中学生の正人。そんなタワーマンションが建つ高槻市街から3キロ程には、国道79号線で囲われ、線引きされた川合地区がある。戦中その地区には、軍需工場があり、強制連行された朝鮮人が、強制労働を強いられていた。

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)_佳作受賞作品【アトミック家族】のあらすじ

参考URL:【アトミック家族】の脚本を読む(外部リンク:PDF)

準佳作受賞【レンゲよ、眠れ】吉次貴子

  • 脚本タイトル:レンゲよ、眠れ
  • 作者:吉次貴子

卒業式が近い日。中学三年の委員長、早川千尋は朝礼時に貧血で倒れ、真中龍之介に抱きとめられる。送ってもらうことになる。二人は河原で休憩。土だけの殺風景な河原という龍之介に、千尋はレンゲソウのギリシャ神話を話し、女神が春に目をさまして花を咲かせるという。また、レンゲソウは女神が姿を変えた花で折ると茎から血が流れて報いがあるため摘まないでと言う。

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)_準佳作受賞作品【レンゲよ、眠れ】のあらすじ

参考URL:【レンゲよ、眠れ】の脚本を読む(外部リンク:PDF)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

準佳作受賞(大伴昌司賞)【あなたがいるなら】佐藤洋一

  • 脚本タイトル:あなたがいるなら
  • 作者:佐藤洋一

性同一性障害の涼介は、男性として画廊に勤務している。同居の恋人、雅道は庭師でバイセクシャル。涼介は展示会で、デザイナーで聴覚障害者の礼奈と出会い、意気投合する。

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)_準佳作(大伴昌司賞)【作品【あなたがいるなら】のあらすじ

参考URL:【あなたがいるなら】の脚本を読む(外部リンク:PDF)

最終候補【櫻花(おうか)の約束】富樫久美子

  • 脚本タイトル:櫻花(おうか)の約束
  • 作者:富樫久美子

坂田年蔵(としぞう)(90)は坂田工業(株)の会長。裸一貫から今の会社を興した創業者である。社長職は長男の修蔵(62)に譲っている。孫やひ孫にも恵まれ、年齢にしては健康でもある。

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)_最終候補作品【櫻花(おうか)の約束】のあらすじ

参考URL:【櫻花(おうか)の約束】の脚本を読む(外部リンク:PDF)

最終候補【初めての】土屋祥子

  • 脚本タイトル:初めての
  • 作者:土屋祥子

ヘルパーの清水優人は、初めての利用者である佐倉豊子と心を通わせていく。しかし、認知症である豊子は食材を買いすぎるため清水が腐りそうなものを持って帰り、また豊子が強引に渡してくる千円を拒否できず、受け取っていた。

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)_最終候補作品【初めての】のあらすじ

参考URL:【初めての】の脚本を読む(外部リンク:PDF)

スポンサードリンク

最終候補【ぼろ公園のタイムマシン】宮崎洋平

  • 脚本タイトル:ぼろ公園のタイムマシン
  • 作者:宮崎洋平

高校2年生の日野晋。熱中していることも将来やりたいこともなく、放課後はゲーセンに通いながら、だらだらとすごしていた。そんな中、一緒に文化祭委員をやっている月形まる代が、晋に好意を持っている様子である。まる代と文化祭用の垂れ幕を作った帰りに、一緒にゲームセンターに行くと、同じ学校の多田ハジメが、木島と浦部から、たかられているのを見かける。

第27回新人シナリオコンクール(大伴昌司賞)_最終候補作品【ぼろ公園のタイムマシン】のあらすじ

参考URL:【ぼろ公園のタイムマシン】の脚本を読む(外部リンク:PDF)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このテーマの関連記事はこちら

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。