• HOME
  • ブログ
  • NEWS
  • 児童の絵を踏んで捨てた59歳教諭[北九州市小倉南区の市立小学校]

児童の絵を踏んで捨てた59歳教諭[北九州市小倉南区の市立小学校]

27日、北九州市小倉南区の市立小学校の男性教諭(59歳)が、児童が描いた絵を足で踏みつけ捨てたとして、北九州市教育委員会から停職6か月の懲戒処分を受けたといいます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

男性教諭は3月下旬から病気休暇を取得しており、心療内科に通院しているとのこと。

児童の絵を踏みつけて捨てた行為について、男性教諭は「感情を抑えきれなかった。児童に申し訳ない」と話しているといいます。

他にも、連絡帳を忘れた別の男子児童に対して、突然怒り出し、カッターナイフ取り出したりしたこともあるという。

児童の保護者が学校に相談したことで、発覚したという。

ニュースのポイント

[su_list icon=”icon: check” icon_color=”#ff0863″]

  • 北九州市小倉南区の市立小学校の男性教諭が、児童の絵を踏み捨てた
  • 男性教諭は心療内科に通院している
  • 処分は停職6か月の懲戒処分

[/su_list]

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このテーマの関連記事はこちら

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。