コインハイブ(Coinhive)が批判される理由

広告:

コインハイブ(Coinhive)を巡る裁判で、通称コンピューターウィルス罪に問われていた男性に無罪が言い渡されました。しかし「コインハイブ(Coinhive)は安全だからブログに導入しよう!」となる前に、問題点をもう一度考え直して見る必要があります。
記事では、「コインハイブ(Coinhive)とはなにか」から「コインハイブ(Coinhive)の何が問題なのか」など、わかりやすく解説します。

※コインハイブ(Coinhive)はサービス名称です。平成31年4月3日現在、サービスは終了しています。

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。