「JavaScript の最小化」とは?改善方法も解説【PageSpeed Insights】

Googleが提供する無料のWebページ診断「PageSpeed Insights」。診断にかけるとWebページの読み込み時間の短縮につながるヒントが得られます。
その中のひとつである「JavaScript の最小化」とはどういう意味か、また診断結果を改善する方法についても解説します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「JavaScript の最小化」とは?

JavaScript の最小化とは、不要なスペースやコンテンツ、アプリケーションなどを取り除いて、ファイルサイズそのものを小さくすることです。ネットワーク環境を使いこなす上では、このような知識も持ち合わせておくことが求められます。JavaScript の最小化をすることにより、ブラウザ自体の環境も快適なものになります。具体的にJavaScript の最小化を行うためには、いくつかのツールを使いこなす必要性があるため、それらについても理解しておくことが重要です。

スポンサードリンク

「JavaScript の最小化」の改善方法

JavaScript の最小化は、ネットワーク環境を改善するために必要不可欠といっても過言ではありません。JavaScript を正しい方法によって縮小することによって、全体のページを読み解く速さも増すことになり、ユーザーにとってのメリットにつながるといえるでしょう。そして、それはパフォーマンスの向上をもたらします。JavaScript を小型化することや難しい内容を読み解くことについても実行時間を変更することはなく、利便性や機能性の向上だけが見込まれます。複数のスクリプトを可能な限りにコンパクトにまとめて縮小することで、大きな節約効果が期待できます。

JavaScript の空白や未使用のブラウザなどを削除して最小化することができなければ、ネットワークの反応時間に悪影響を及ぼすことにもつながります。無駄なブラウザがファイルに残っていたり、ファイルの読み込み自体に余計な負荷がかかってしまうなどすれば、たちまちネットワーク環境全体に支障をきたすことにもなってしまいますので、注意しなければなりません。JavaScript が適切なコンディションになっていなければ、メインスレッド処理もスムーズに進まないという現象も起こります。ページに含まれる余分なDOMノード数の削減とともに、意識して取り組むことが必要ではないでしょうか。

page speed insightsは、JavaScript の最小化という事象についても、的確な方法で対処できるサービスです。そもそも、page speed insightsでは、ページのパフォーマンスを計測することを目的としたオンラインツールであり、ネットユーザーの間に広く浸透しています。測定の仕方についても、極めてシンプルで簡単に済むため、エンジニアやプログラマーなどのIT技術者でなくても容易に使いこなすことが可能です。このpage speed insightsで計測された数値を基にJavaScript の最小化に向けての取り組みの進捗状況を把握することもできます。PNGやJPEGのような画像形式の選択の種類によっても、ファイル全体にかかる負荷が変わるケースも少なくありません。最も適した環境を見極めることがJavaScript の最小化を実現する最良の方法です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。