「カスタム速度の記録と計測」とは?改善方法も解説【PageSpeed Insights】

Googleが提供する無料のWebページ診断「PageSpeed Insights」。診断にかけるとWebページの読み込み時間の短縮につながるヒントが得られます。
その中のひとつである「カスタム速度の記録と計測」とはどういう意味か、また診断結果を改善する方法についても解説します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「カスタム速度の記録と計測」とは?

カスタム速度とはわかりやすくいえば、ページを読み込む速さやスピードということができます。ネットワークサービスの台頭が著しく見られる現代では、レベル感を落とすことなく、スピード感に優れたものがより好まれる傾向にあります。カスタム速度については、analytics.js ライブラリを用いて具体的な速さの測定が可能です。カスタム速度のデータを送信する際には、所定のパラメーターを使って時間をミリ単位で指定することが必要となります。

スポンサードリンク

「カスタム速度の記録と計測」の改善方法

カスタム速度の記録と計測についての具体的な解決方法については、それ相応のスキルやテクニックを必要とします。ある程度のレベルのエンジニアやプログラマーであっても、一から改善するのは難しいと言わざるを得ません。ネットワーク環境がもたらす影響力が日に日に増してきている現代においては、同時にwebアプリケーションについてもより複雑化の様相を呈しているといえるでしょう。カスタム速度の記録と計測が重要視されるのは、それぞれのパフォーマンスへの影響を理解しなければならないということに起因しています。

カスタム速度の緻密な計測が可能になれば、ホットスポットを特定することも容易になります。これは、パフォーマンスを良くするための最初のステップといっても良いのではないでしょうか。これらの事象をより確実に行うためには、高解像度時間に必要となる精度や品質の高いコンテンツがあることが、より理想的です。とはいえ、ネットワーク環境に精通していないユーザーが見よう見まねでプログラミングやアプリケーションをカスタマイズすることは決してお勧めできません。きちんとした手順や手法を用いて行うことが求められます。

ネットワーク環境をより快適にするためには、page speed insightsを使うことも効率的です。「使うのが難しいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、その心配は無用。必要事項を入力するだけで、必要とするデータを入手することができます。実は、page speed insightsは、User Timing Apiと密接な関係性を構築しています。そのため、アプリケーションのJavaScriptのパフォーマンスを測定することも可能です。このような測定が重要となるのも、監査を通過するために必要不可欠な要素となっているからです。カスタム速度の記録や計測を改善するには、この監査に合格することも必要です。page speed insightsのサービスでは、この監査の合格に向けての近道ともいえる方法やノウハウを紹介しています。まさにネットユーザーのためのお助けアイテムです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。