文章の練習に大切な3つのコツと初心者向けの練習方法

広告:

ビジネス文書から学校の作文や論文、アフィリエイト文章など、現代人が文章を書く機会は多くあります。できるなら読者を感動させるほど、上手な文章が書きたい人もいるはずです。
どうすれば文章を上手に書くことができるでしょうか。また、執筆スピードも重要なポイントです。上手な文章をできるだけ早く書けることが理想と言われています。
文章を書く技術を上達させるには練習が不可欠です。記事では文章の練習に大切なコツと、初心者向けの練習方法を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文章練習のコツ1_毎日書く

文章の練習は至ってシンプル。書けばいいのです。書くほどに文章力は上達します。例えばアフィリエイトブログを運営している場合、記事作成は日常的なタスクです。毎日記事を書くことで、ページが増え、かつ文章の練習にもなるので一石二鳥となります。毎日書くことが難しければ2日に1記事を目安にしても良いですが、大切なことは継続することです。
ちなみに、文章を書く頻度を決める目安として「少しきついががんばればできる程度」がよいでしょう。

文章練習のコツ2_読書量を増やす

空っぽの急須を傾けても、湯呑にお茶は注げません。お茶を注ぐには、まず急須にお湯と茶葉を入れなければならないからです。急須は頭、お湯と茶葉を入れることはインプット、お茶を出すことはアウトプットです。つまりアウトプットをするにはインプットが不可欠だということになります。

文章を書く際のインプットは、たとえば読書をすると効率的です。そのため文章の練習のコツとしては読書量を増やすと良いでしょう。事実、文章を書くことが上手い人は、読書量が多いものです。

読書をする際には、インターネット記事より紙媒体の書籍をおすすめします。書籍であれば、形となるまでに多くの人の目に触れているため、文章が洗練されているからです。対してネット記事の場合、素人が一度書いただけで読み直しもせずにアップしている可能性もあります。どうせ読むなら正しい日本語で書かれた質の高い文章をお手本としてください。

この際、特に難しい本を読む必要はありません。自分が好きなジャンルの本を読めば問題ありません。読書の目的のひとつは、活字を生活の一部とすることです。普段読書をしない人は、まず文字に慣れることからはじめます。
読書好きの人は、普段とは正反対のジャンルの本を手にとることをおすすめします。未体験のジャンルの本は、読むだけで知識の世界が広がります。
このように既存の書籍を読むことで言葉遣いや、文章のリズムが身につくでしょう。

文章練習のコツ3_写経する

仏の教えを高人は経典をそのまま書き写す作業をすることがあります。これを写経といいます。写経は文章の練習にもってこいの方法です。
写経の方法はシンプル。お手本を参考にしてそのまま文章を書き写すだけです。繰り返し写経することで、文章の理解が深まり、いつのまにか同じような文章を書けるようになります。

ポイントは、テーマを意識して写経することです。句読点の打つ位置や主語や述語の使い方などを意識しながら書き写すとより高い効果が見込まれます。
注意点すべきは、写経後の文章の取り扱いです。消してしまえばそれでよいですが、間違ってインターネット上にアップすると著作権侵害にあたる可能性があります。気をつけてください。

初心者向けの文章練習テクニック

文章の練習方法は書くことです。書くほどに文章力は向上するとはいっても、初心者の中には具体的な練習方法が思いつかない人もいるかも知れません。以下では、文章を練習する際のポイントを解説します。

長い文章を要約する

文章を練習する際、長い文章や作品を短くまとめる作業は効果があります。たとえばニュース記事や小説、映画やドラマを見たり読んだりした後、ポイントを簡潔にまとめてください。文章を読むことは書く力を向上させるために有効ですが、その一歩先をいく練習方法です。

小説やニュースの内容を的確に把握し、文章で伝えようとすると、重要な核となるポイントを見出す能力が鍛えられます。つまり文章構成力が向上するのです。
文章を構成するスキルが身につくと、何かを書こうとするときに一瞬で文章構成のアウトラインを思い描けるようになります。構成で迷わなければ、実際の執筆までの時間を短縮でき、執筆スピードアップにつながります。

短い文章を増やす

逆に、短い文章の文字数を増やす練習法も効果的です。文章が短い場合、要素が足りないことが多いもの。ここでいう要素とは、5W1Hで考えると理解しやすいでしょう。

いつ:時間(when)
どこで:場所(where)
だれが:人(who)
どうした:事柄(what)
なぜ:理由(why)
どのようにして:手法(how)

例えば「僕は悲しい」という文章があったとき、前後の文章を読むことで、「昨日、学校で行われた模試の結果が悪かったため、僕は悲しい。どうしてキチンと予習をしなかったのかと悔やまれてならない」のように膨らますことができるかもしれません。

各要素を明らかにすることで、文章がわかりやすくなります。文章を脚色する練習なので、表現力がアップするでしょう。

文章を生活の一部とすることが練習

文章の練習として、読書、模倣(写経)が効果的です。書いても読んでもいいので、日常生活に文章を取り込むことが大切です。それを習慣化(ルーティーン)する必要があります。毎朝必ず新聞を写経したり、移動時間は小説など活字を読んだりするよう意識してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ(一部広告含む)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。