脚本の書き方

初心者必読! 脚本執筆の道しるべとなるピクサーアニメ22の法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ピクサー22のルール_イメージ画像

 

脚本を書きたい!」
でも、何から手をつければいいか分からず、悩んでいないだろうか。

物語は、作者が自由に書くことができるけれど、自由過ぎると逆に困ってしまうこともある。見渡す限りの荒野にポツンと取り残されても、どちらに進めばいいのかわからないのと同じで、道しるべが必要になるはずだ。

米国のアニメ製作会社「ピクサー」には、脚本執筆の際に、道しるべとする「22の法則」があるという。あなたが脚本を書く時にも、間違いなく参考になるだろう。ぜひ、要素を取り込んでほしい。


sponsored link

ピクサー22の法則を読み解く

心構え ~脚本を書き出す前に~

法則-1
なぜ、物語を書く必要があるのか? 物語にとって一番大切なものは脚本家の情熱である。

Why must you tell THIS story? What’s the belief burning within you that your story feeds off of? That’s the heart of it.

法則-2
「一番大切なこと」と「それを伝えるために一番手短な方法」を明快にすることで、やっと脚本を書き始められる。

What’s the essence of your story? Most economical telling of it? If you know that, you can build out from there.

法則-3
独りよがりな脚本を書いてはいけない。観客の目線で、彼らが求めている物語を書こう。

You gotta keep in mind what’s interesting to you as an audience, not what’s fun to do as a writer. They can be very different.

法則-4
脚本家は、自分自身について深く知る必要がある。どんなことで喜び、落ち込むのか。その時は、ありのままの自分をさらけ出そう

You have to know yourself: the difference between doing your best & fussing. Story is testing, not refining.

法則-5
脚本を書き出す前に、お気に入りの映画や小説は、できるだけ遠くに片付けよう! 無意識のうちに作風が似てしまうかもしれないから。しかし、それは仕方がないことでもある。お気に入りの作品が、すでにあなたの一部になっていたら、受け入れるしかない。

Pdll apart the stories you like. What you like in them is a part of you; you’ve got to recognize it before you can use it.

法則-6
書き続けてきたことは、絶対に無駄にならない。そして、今後も書き続けた方が良い。いつか必ず役に立つから。

No work is ever wasted. If it’s not working, let go and move on – it’ll come back around to be usefdl later.

sponsored link

キャラクター ~魅力的な登場人物の創り方~

法則-7
主人公に主張させよう。周囲に流されやすい主人公は、脚本家にとっては書きやすいけれど、観客からは嫌われてしまう。

Give your characters opinions. Passive/malleable might seem likable to you as you write, but it’s poison to the audience.

法則-8
主人公が輝くシーンとは、目標を達成する瞬間のシーンより、その目的に向かい努力しているシーンだ。

You admire a character for trying more than for their successes.

法則-9
主人公の特技や一番大切にしているものはなんだろう? そして、その特技が通用しない敵が現れたり、大切なものが奪われてしまったら? 主人公はどうやって乗り越えるのか考えよう。

What is your character good at, comfortable with? Throw the polar opposite at them. Challenge them. How do they deal?

法則-10
複雑な設定はいらない。要素は最低限がいい。似ている登場人物は一人にまとめよう。無駄なエピソードは飛ばそう。これらを「もったいない」と思ってはいけない。

Simplify. Focus. Combine characters. Hop over detours. You’ll feel like you’re losing valuable stuff but it sets you free.

構成 ~ストーリーの組み立て方~

法則-11
物語は、簡単なフォーマットに当てはめて考えよう。「昔あるところに…」「毎日…」「ある日…」「そのために…」「最後は…」のように。

Once upon a time there was ___. Every day, ___. One day ___. Because of that, ___. Because of that, ___. Until finally ___.

法則-12
“偶然”トラブルに巻き込まれるのはOK。“偶然”解決するのはNG。

Coincidences to get characters into trouble are great; coincidences to get them out of it are cheating.

法則-13
主人公に危険が迫るだけでは、観客はドキドキしない。「主人公の生い立ち」や「失敗した時のリスク」などの背景設定をミックスして、緊張感は生まれる。そして、危機レベルは背景設定により決まる。

What are the stakes? Give us reason to root for the character. What happens if they don’t succeed? Stack the odds against.

リライト ~脚本は、書き直すたびに必ず良くなる~

法則-14
テーマは確かに重要である。しかし、その本質は物語を書き終えるまで、脚本家本人にもわからないもの。だからこそ、リライトしなければならない。

Trying for theme is important, but you won’t see what the story is actually about til you’re at the end of it. Now rewrite.

法則-15
脚本家は、不完全な物語に納得がいかなくても最後まで書き切らなければならない。リライトして完全に近づけよう!

Finish your story, let go even if it’s not perfect. In an ideal world you have both, but move on. Do better next time.

法則-16
最初のアイデアに固執してはいけない。“次”や“その次”のアイデアは、あなたが驚くほど素晴らしいハズだから。

Discount the 1st thing that comes to mind. And the 2nd, 3rd, 4th, 5th – get the obvious out of the way. Surprise yourself.

テクニック ~具体的な助言~

法則-17
アイデアは紙に書き出そう。アイデアは、どんなに完璧だとしても頭の中にあるだけでは意味がない。誰かと共有しなければ!

Putting it on paper lets you start fixing it. If it stays in your head, a perfect idea, you’ll never share it with anyone.

法則-18
物語を考えている途中でも、先にエンディングを決めておこう。なぜなら、エンディングを最後に考えるのはとても難しいから。

Come up with your ending before you figure out your middle. Seriously. Endings are hard, get yours working up front.

法則-19
行き詰った時には「次に起きないこと」のリストを作ろう。その中からヒントを見つけることができるかもしれない。

When you’re stuck, make a list of what WOULDN’T happen next. Lots of times the material to get you unstuck will show up.

法則-20
“もし、自分が主人公だったらどうするだろうか?”と自問自答しながら脚本を書こう。素直な気持ちで書くほど、作品のリアリティは高まる。

If you were your character, in this situation, how wodld you feel? Honesty lends credibility to unbelievable situations.

法則-21
物語には没頭しなければならない。あなた自身が主人公になったつもりで考えないと、良い脚本は書けない。

You gotta identify with your situation/characters, can’t just write ‘cool’. What wodld make YOU act that way?

法則-22
宿題。嫌いな作品の一部分を抜粋しよう。そして、その部分を面白くしてみよう。

Exercise: take the building blocks of a movie you dislike. How d’you rearrange them into what you DO like?

まとめ

全てに納得がいかないかもしれないが、知っておいて損はないはずだ。
実際に脚本を書きながら、時々初心に戻るつもりで読み返すと思わぬ発見につながると思うので、実践してほしい。

また、本記事では、各法則の本質をわかりやすく伝えようと、翻訳者の思考も大分加味されている。そのため、一部飛躍した個所もあることを考慮頂きたい。

より深く理解したいという方には、ピクサーのEmma Coatsによる原文(外部リンク)を読むことをおすすめする。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*