ライティング

アフィリエイト文章の効率的な作り方と時間配分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アフィリエイト文章は闇雲に書くと時間を無駄にしてしまいます。タスク管理を計画的に行うと効率的に記事を作ることができます。記事ではアフィリエイト文章を書く時に参考となる時間配分やコツを解説します。

sponsored link

「文章が書けない」はインプット不足

アフィリエイトコンテンツを作る上で、文章は重要なコンテンツです。しかし、文章を書くことが苦手だという人がいます。「ライティングスキルが未熟だから」と考える人は多いですが、問題はそこではありません。インプットが不足していることが問題なのです。

文章を書くということは、自分の中の情報を引き出すこと。情報とは知識や経験を指します。当然、知らないことや経験していないことを文章に書くことはできません。逆に自分の好きなことや趣味のことであれば、なにかしらの文章を書くことはできるでしょう。

また、現代人はSNSなどを利用して文章を書き、コミュニケーションを図ります。たとえば好きな漫画や映画があれば、文章で魅力をシェアすることもあるのです。文章が苦手だという人でも、その程度のライティングは日常的に行っています。

つまり、文章を書くだけならライティングスキルはそれほど重要ではありません。重要なことはアウトプットするための情報を、日頃からインプットしておくことです。

アフィリエイト文章を作成する時間配分

インプットが不足していると筆がすすみません。それは、何を書くべきか理解していないからだといえます。そのためアフィリエイトライティングでは情報をインプットしておく事前準備が重要になるのです。

情報収集という事前準備、実際の執筆、あと書き終わった後の見直し作業が、アフィリエイトの文章記事を作成するための3大タスクです。このなかで一番重視するのがインプット作業であり、全体の6割くらいを占めます。実際の執筆と完了後の見直し作業は、2つとも同じくらいの比率だと考えてよいでしょう。

つまり3時間で記事を書き上げるつもりなら、情報収集に1時間30分、執筆に30分、見直しに30分、各作業の間に挟む休憩として30分を割り振るイメージです。初心者であれば、3時間かけて1000文字程度の記事作成が目安となります。そしてタスクに慣れることで作業効率がアップするはずです。

アフィリエイトのネタは外部からインプット

インプット作業の最初のタスクとしてページテーマを決めます。テーマは自分の中から絞り出してもよいですが、外部から取り込むと効率的です。テレビやニュース、新聞のテレビ欄などを参考にすると、世間から注目を集めているキーワードを取り込むことができます。

その際、テーマは名詞としてとらえるのがコツです。商品名や人名のほか、専門家や業界の人間以外は知らない専門用語も対象になります。特に専門用語にはニッチなキーワードが隠れており、他に先んじて気付くことができれば一人勝ちできる可能性があります。

インプット元は定期的にチェック

自分のサイトに該当するテーマ情報は常に収集する癖をつけてください。媒体はテレビや雑誌、インターネットなど無数にあります。
ネットでテーマのキーワード検索をすると、常に上位表示されているブログやサイトがあります。それはあなたのブログのライバルサイトです。ライバルだからといって敬遠する必要はありません。ライバルをお手本とした上で、より「わかりやすく」「ためになる」情報を自分のメディアに書いていけばよいのです。

インプット先を確立したら定期的にチェックすることで、常に新しい情報を更新できます。注意することは内容をそのままコピペしたり転載したりしないことです。自分なりの考えを持って、自分の言葉で伝えていくオリジナリティを大切にしてください。

ライバルサイト対策

自分のブログコンセプトを決める時には、他のライバルサイトと差別化を図ることが大切です。主流のコンセプトは人気が高くライバルも多く存在しており、勝ち抜けることが難しくなります。例えば運動や食事制限によるダイエットが主流であれば、サプリによるダイエットをコンセプトにするなどです。

なにが主流でなにがニッチなのかは、対象キーワードを検索して上位表示されるサイトからわかります。そのためYahooやGoogleの検索結果の上位10サイトはチェックしてください。
ライバルと差別化するということは、ライバルサイトに不足している点を補うことになります。そうすることで自然と自分のサイトのコンセプトが確立できるのです。

記事のレベルを上げる推敲

アフィリエイト記事を見直して修正することを、推敲(すいこう)といいます。新たな記事を作成した後、ブログにアップする前には必ず推敲してください。誤字や脱字はもちろん、より良い文章になるよう見直します。
読みにくかったり間違いがあったりすると、ユーザーは簡単にページから離脱します。

推敲は時間をおいて定期的に行うと効果的です。時間をあけることで冷静になり、執筆直後は気付かなかった間違いに気付くこともあるからです。しかしページ数が多くなるとすべての文章をチェックするのは物理的に不可能です。
このような場合、重要度の高いコンテンツから優先順位をつけて推敲します。商品を紹介しているページや多くのアクセスを集めるキラーコンテンツページが最優先です。

推敲では記事を改善することが目的なので、加筆も積極的に行います。ユーザーが気になるだろうポイントに気付いたら、新たに書き足してください。有効な加筆を行うには、よりユーザー目線にならなくてはなりません。そのためにはインプット作業が必要です。常に新しい情報を更新していく癖を身につけましょう。

アフィリエイト文章はルーティン化がポイント

継続は力なり。アフィリエイトほどこの格言が当てはまるものはありません。毎日コツコツと積み上げた努力は必ず報われます。しかし成果が出るまでに時間がかかるかどうかは個人差があり、中には途中で諦めてしまう人もいるでしょう。
そうならないためのコツは、作業をルーティン化して体に染み込ませることです。情報をインプットして、文章としてアウトプットし、定期的に遂行するタスクを、時間を決めて毎日繰り返すようにしてください。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*