政治・経済

コーラがピンチ!炭酸飲料離れ!アメリカで10年連続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

炭酸好きで知られてきたアメリカにおいて、炭酸飲料の販売量が10年連続で減少したらしい。

健康志向の意識が高まり、炭酸飲料離れが進んだとみられている。

sponsored link

この炭酸飲料離れにより、コカ・コーラでは、純利益が前年から17%減るなどの影響がでている。

一方、ミネラルウォーターなどの消費は伸びているとのこと。

ニュースのポイント

  • 炭酸飲料を大量に消費していたアメリカで、炭酸飲料離れが進んでいる。
  • 炭酸飲料離れの理由としては、健康志向が進んだことがある。
  • ミネラルウォーターなどの分野は伸びている。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*