マネー

副業はネットがおすすめ!土日だけでも取り組める副業11選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎月の給料に不満を持っている会社員は多くいます。しかし昇給に期待できない人も多いでしょう。もし昇給できたとしても月1万円以上も上がるケースも少ないのが現実。
そんな時には副業を検討してはいかがでしょうか。うまくいけば月1万円以上どころか5万円、10万円と収入を増やすことも可能。やがて副業が本業に成長して一本立ちすることも夢ではありません。
平日働いているサラリーマンが副業をする場合、就業後や土日がメインとなります。そのため記事では、ネットを使って土日にできる副業を中心に紹介します。


sponsored link

土日のネット副業はサラリーマンに最適

サラリーマンは、毎日会社が終わった後や土日の数時間を副業に充てることができます。ノートパソコンがあればカフェや図書館でも副業できるでしょう。
ネットを利用することで、時と場所を選ばずに副業に取り組めるのです。
時間が少ないと嘆く人もいるかもしれませんが、それはかえって好都合。人は締め切りがあったほうが効率よく動けるものです。逆に時間が無限にあると、のんびりしてしまい非効率となります。
自分の時間が数時間しかないのであれば、その中で十分な効果が出せるよう工夫して、集中すべきです。そのほうが副業は成功しやすいでしょう。

土日のネット副業のおすすめ11選を紹介

土日にできるネット副業を紹介します。初心者の人はどれも敷居が高く感じられると思いますが、いざやってみると、意外と簡単に収入が得られたということもあります。「案ずるより産むがやすし」という言葉にもあるように、とりあえず会員登録などを済まして会見することが大切です。そして自分に合わなければ、次の副業に挑戦しましょう。この手軽さがネット副業のメリットです。

土日におすすめネット副業01_クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で行われている業務委託のようなもの。ポータルサイトなどを介して、仕事を依頼する人、仕事を受ける人がマッチングすると、仕事がスタートします。
具体的には、本記事のようなブログ記事を書く仕事、photoshopなどのグラフィックソフトを使ってウェブデザインをする仕事、イラストを描く仕事、プログラミングをする仕事、音声データを文字お越しする仕事などさまざまです。基本的にはパソコンでできる仕事がメインになります。
有名なクラウドソーシングのポータルサイトには「ランサーズ」「クラウドワークス」があります。気を付けることは、案件ごとにクライアント(仕事の依頼主)が異なるということ。それぞれ仕事にあたる際の条件が異なるため、詳細をよくチェックしてから取り組むようにしましょう。
仕事内容によって収入も異なります。初めてライティング業務に取り組む人は、1文字1円以下は当たり前。主な単価は1文字0.3円~0.5円程度が相場です。1000文字の案件で300円~500円程度、5000文字の案件で1500円~2500円程度の収入が得られます。慣れてくれば1文字1円以上の仕事もあるので挑戦するとよいでしょう。
割がいいのはプログラミングの副業です。プログラミングは専門性が高いため1案件数万円~数十万円のものも少なくありません。プログラミングのスクールでスキルを得てからネット副業に挑戦する道もあります。

土日におすすめネット副業02_アフィリエイト

アフィリエイトは、ネットで商品を紹介して、その売り上げの一部が報酬となるネット副業です。一般的にブログやサイトを自分で構築する必要があります。ネットの知識が豊富に必要だと思われがちですが、フリーブログなどもあり、素人でも参入しやすいネット副業だといえるでしょう。
紹介する商品は様々あります。化粧品、健康食品、クレジットカード、おもちゃ、ゲーム、本など。すべての商品やサービスがアフィリエイトとして紹介できるといっても過言ではありません。
アフィリエイトがネット副業として周知されているのは、参入しやすいというメリットがあるからです。先述したようなフリーブログを利用したり、ドメインとサーバーを契約して独自ブログを作成したり、アフィリエイトの始め方は様々ですが、どれもコストがあまりかかりません。数百円から数千円でスタートできます。
デメリットは、収入を得るまでに時間がかかるということ。じっくりと時間をかけてブログを育てていく必要があるのです。最初は数百円稼ぐことも難しいですが、やがて軌道に乗ると何もしなくても月数十万円稼ぐことができるかもしれません。

土日におすすめネット副業03_転売

転売とは、モノを安く仕入れて高く売り、その差分を収入として得る副業です。ネットで転売を行う場合、ヤフオクやメルカリなどを利用すると手軽に始めることができます。
商品の価値を知らなければ手が付けられない副業だと思われがちですが、そんなことはありません。いまはネットで商品の相場価格がすぐにわかります。たとえば実際にブックオフなどのリサイクルショップに足を運んで品定めをする際に、スマホで価格をリサーチしてください。売られている商品が、ネット価格より安ければ割安商品となります。
ネット上の価格は均一化されているため、仕入れはリアル、販売はネットという形が主流です。
転売を副業とした場合、収入は月に数万円程度。仕入れのための資金が必要になるデメリットはありますが、稼げるまでが早いメリットもあります。

土日におすすめネット副業04_情報商材セールス

ネットビジネスで大きく稼ぐなら情報商材セールスがおすすめ。情報商材とは、ネット書籍のようなもの。データ販売なので仕入れ費用や発送料、手数料などがかからず利益率が100パーセントに近いため、情報商材を販売する副業は、うまくいくと月数百万円以上の売り上げになることもあります。
情報商材は、文字で書かれているものもあれば、動画形式、スライド形式などさまざまな形で売られています。ポイントとなるのは、情報に価値があるということ。「お金を払ってでも買いたい」と思わせる内容でなければ、当然収入は得られません。
実際に高額で取引されている情報商材は、マネー系、健康系、恋愛コミュニケーション系、趣味系などです。

土日におすすめネット副業05_FX

FXとは「Foreign Exchange」の略語です。日本語では「外国為替証拠金取引」と呼びます。たとえば日本円とアメリカドルを交換したときに発生する差分で利益を得る方法です。仮に1ドル110円の時に、1100円で10ドルを購入。その後、1ドル120円になった時に10ドル分すべて売れば1200円分の価値があるので100円の儲けです。しかし1ドル100円の時に10ドル分すべて売っても1000円の価値しかないので、100円の損となります。
FXにはレバレッジというシステムがあり、所持金以上の金額を投入することが可能です。これは多くの利益を得られるメリットがある反面、一度に大きな負債を抱えるリスクも生じます。
また、土日は為替取引所が休みであるため、FXを副業とするなら就業後に取り組む必要があります。

土日におすすめネット副業06_株式投資

ネット副業として株式投資で稼ぐ方法は、キャピタルゲインがメインとなるでしょう。つまり、株式を安く買って高く売り、その差益を収入とする方法です。
株式は、企業の業績発表や、世間的なニュースによって毎日上下します。その相場を先読みしたりする必要があるため、知識が必要ではあります。しかし株取引は、勉強した人や知識がある人、経験がある人が必ず勝てるものではありません。そのため、とりあえず小額からでもよいので株取引を体験することが大切です。
スマホなどで株式を手軽に変えるため、仕事の空き時間や通勤前の時間を利用してネット副業とすることができます。逆に土日は株式市場がお休みです。

土日におすすめネット副業07_仮想通貨投資

ビットコインなどで有名になった仮想通貨。仮想通貨を取引することで差益を得るネット副業もあります。
ビットコインのほかにもリップルやイーサリアムなど数多くの仮想通貨が存在します。仮想通貨にはリアルな市場が存在しないため土日でも取引可能。
また差益を得るほかには、マイニングという仮想通貨を作り出すことで、報酬を得る方法もあります。仮想通貨のマイニングをするためには専門知識やパソコンを常時動かす電気代などもかかるため、多少敷居は高くなりがちです。

土日におすすめネット副業08_ポイントサイトやアンケートサイト

専用サイトのバナーをクリックして報酬を得られるポイントサイトや、簡単なアンケートに答えて報酬を得るアンケートサイトをネット副業にすることもできます。
一つの案件の単価は少ないですが、コツコツと続けることで月1万円程度にはなるでしょう。

土日におすすめネット副業09_Youtuber

Youtuber(ユーチューバー)は、YouTubeに動画をアップして、その広告収入を得る人のことです。ネット副業として稼ぐサラリーマンユーチューバーもいますが、専業として稼ぐ人も多くいます。
動画を中断して流れる動画広告などをクリックすることで報酬が得られる、クリック課金型のシステムです。ただし、広告を貼るためにはチャンネル登録数や動画の再生時間に下限が設けられているため、参入当初から収入を得ることはできません。
クリック1回0.1円と仮定した場合、広告動画が1万回再生されて1000円の収入が見込めるでしょう。100万回以上再生される人気動画で、やっと10万円です。
YouTube動画は、ひょんなことからバズって再生回数が急上昇することもあり、また専門知識を必要としないことから、素人の参入がしやすいネット副業といえます。

土日におすすめネット副業10_経験・技術セールス

経験・技術セールスは、自分の得意分野をネット上で販売するネット副業です。ネット上で案件をマッチングする点はクラウドソーシングと似ています。しかし案件の発信元がことなるのが大きな違いです。
クラウドソーシングの場合は、「だれかイラストを描いてください。1イラスト1000円で依頼します」と案件を発生させるのに対し、経験・技術セールスでは、「私は絵が上手です。1イラスト1000円で売りますが誰か買いますか?」と自分を売り込むスタイルです。
有名なwebプラットフォームとして「ココナラ」や「タイムチケット」などがあります。
具体的には、ライティング、サイト作成などから、企業の財務分析、英語翻訳、法律相談、ダイエット指導、占いなど多岐にわたります。
専門分野で活躍している人にはお勧めのネット副業です。自分で価格設定ができるため収入の幅も広く、取り組み方によって数百円から数十万円まであります。

土日におすすめネット副業11_シェアリングサービス

シェアリングサービスは、自分が所有する土地や家、車などを他人に貸し出して利益を得る副業です。主に集客にネットを使うため新しめのネット副業ともいわれています。
空き部屋や空き家をお持ちの場合、Airbnbなどの専用サイトを利用して貸し出すことができます。訪日外国人が増加する昨今、宿泊施設としてシェアリングすることも可能です。
また、駐車場として使用できるスペースをお持ちの場合、日にちや時間帯を限定して貸し出し、パーキング代金を得ることもできるでしょう。

ネット副業の始め方のコツ

自分にネット副業ができるか不安。土日だけで本当にできるのか。どこから手を付けたらよいかわからない。
そのような場合、少しでも興味があることから始めることをお勧めします。とにかくわからなくても手を動かすことが大事です。「やりながら考える」というのがネット副業を成功させる秘訣かもしれません。
ネット副業のメリットは、元手があまりかからないということ。ローリスクハイリターンが基本なので、最初の一歩を早めにスタートさせることが大切です。

土日だけのネット副業だから目標金額とスケジュールが大事

本業が忙しく、土日しかネット副業をできない会社員にとっては効率化が最大のポイントです。効率よくネット副業をするためには、きちんとした目標金額の設定とスケジュールを立ててください。
ただ漠然とネット副業に取り組んでも、モチベーションが続きません。いつまでたっても成果を実感できずに、やがて心身ともに疲弊してフェードアウトというパターンがとても多いのです。
目標設定はできるだけ小さく、細かく設定しましょう。ネット初心者が、いきなり「1カ月で10万円」と大上段に構えても現実味がありません。まずは目標設定するために、労力と報酬のバランスを知ることが大切。その後に目的金額設定ができます。
スケジューリングもできるだけ細かく設定しましょう。土日しか作業に充てられない人でも、最初は1時間区切り程度、慣れて作業内容も把握できてくれば30分区切り、15分区切りとします。そしてクリアできたタスクは都度消していくことで達成感が感じられるのです。ポイントは、土日のスケジュールは金曜までに決めておくこと。そうすることで無駄なく作業に取り組めるでしょう。

会社にネット副業がバレないための対策

法律的には副業することは違法ではありません。副業禁止を公表している会社であっても、副業していることを理由に解雇などは原則おこなってはいけません。
しかし、本業を続けていくつもりなら、できるだけ副業に関しては知られたくないもの。以下では、副業していることが会社にばれないためのポイントを紹介します。

確定申告は自分で申請

会社員が副業している場合、確定申告を行わなければならない可能性があります。副業で20万円以上の利益を得ている場合には、所得税を支払う義務が生じるからです。ここでいう利益とは、収益から経費を差し引いた額のこと。たとえばネット副業で20万円の収入があったとしても、パソコン購入費などの経費が6万円かかったら、20万円-6万円=14万円が利益となり、20万円以下なので確定申告の必要はないのです。
確定申告をするときには所得によって区分が異なります。株式による所得は譲渡収入、それ以外のネット副業は雑所得、収入が継続的であれば事業所得と考えてください。
確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。申告書類は、税務署で入手可能です。
簡単にいうと、白色申告は手続きが簡単で控除特典がない、青色申告は手続きが複雑で控除特典があるという違いがあります。初めて申告する場合は白色申告を選ぶ人が多いようです。

住民税の対策

土日で頑張り副業収入を得ると、雑所得として確定申告をするケースが多くあります。その場合、所得税は自分で支払えますが、住民税は会社から支払うようにデフォルトで設定されています。つまり、会社で支払う給与分の住民税に、ネット副業分の収入にかかる住民税がプラスされるのです。
会社にネット副業がばれるケースで一番多いのがこのパターンです。経理担当者は、急に増えたあなたの住民税について疑問を感じます。そうして上長や社長に相談するでしょう。
こうならないためには、住民税の支払いも所得税と同じく自分でする手続きをしなければなりません。手続き自体は簡単です。確定申告時の申請書には「給与から天引き」と「自分で納付」を選ぶ項目があります。ここで「自分で納付」にチェックを入れるのです。
しかしこれだけでは不十分です。なぜならケースバイケースでチェックを入れたのに会社に報告がいくケースがあるからです。これは、役所的には「給料から天引き」のほうが必ず徴収できるからかと思われます。念には念を入れる意味で、会社に知られたくない事情を担当者へ伝えておくとよいでしょう。

ネット副業について話さない

また、会社に副業がばれるケースで多いのが、自ら口を滑らせてネット副業について話してしまうケースです。収入が増えるとうれしくなり誰かにしゃべりたくなるもの。「ここだけの話」といっても「人の口には戸が立てられない」ので会社全体に知れ渡ってしまいます。
ネット副業については、誰にも話さないことを心がけましょう。

ネット副業は土日だけでも成功できる

ネット副業を土日だけやって成功させるには根気が必要です。作業時間が少ないし、数少ない休みを副業に充てるのであれば友人や恋人と過ごす時間も削ることになるでしょう。
しかし、ネット副業の良いところは、やった分だけリターンがあるということ。お金の面ではすぐに反応がなくても、ネット副業に取り組むことで得た知識やスキルは決して無駄になりません。その知識やスキルを活かせば、土日だけのネット副業でも、いつかは必ず思い通りの利益を出せるようになります。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*