Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtys/www/tsan/wp-includes/post-template.php on line 284
ライフハック

満員電車のストレスを解消する3つのおすすめ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

通学や通勤に電車を利用している人は多くいます。満員電車でイライラすることがストレスとなっている人もいるでしょう。朝の電車でもみくちゃにされてしまうと一日ずっと引きずる可能性もあります。仕事や学校生活のパフォーマンスが低下することにつながることも。
記事では満員電車でストレスを感じにくくする方法を紹介します。

sponsored link

満員電車が発生する理由

日本の都市部では電車やバスの公共交通機関が発達しています。便利である反面、時間帯によっては利用者が急増する傾向があります。利用者が急増する時間帯とは、通勤や通学の時間帯です。
朝と、夕方から夜にかけては満員電車や満員バスになります。これは平日であればほぼ毎日続くのです。
加えて、事故などにより電車が遅延・運休するとダイヤが乱れてしまい、満員電車が発生します。

満員電車でストレスを感じる原因

満員電車でイライラする原因は何でしょうか。すいている社内であればストレスを感じにくく、混んでいると感じます。違いは他人と過度に接近しているかどうかです。
まず、人にはパーソナルスペースという感覚が備わっているものです。例えば自分の半径数メートル以内に他人が侵入すると意識したり警戒したりする範囲のこと。満員電車では他人同士が密着するので、自分のパーソナルスペースに侵入されるためストレスを感じます。なお、パーソナルスペースの範囲は人によって異なるものです。
満員電車で密着している他人が、予測不能の動きをしたり、体臭がきつかったり、音楽などの騒音をだしていたりすると、ストレスに感じてイライラします。

満員電車でストレスをためるデメリット

イライラするとデメリットがあります。まず気分が悪くなり回復するまでに時間を要します。人によっては一日中ストレスが解消されず、会社や学校の人に八つ当たりをする場合もあるでしょう。
また満員電車の乗客同士でトラブルに発生する場合もあります。トラブルをきっかけに電車が遅延すると、満員電車の原因ものなり、悪循環です。

満員電車ストレスの解消方法

満員電車に乗ってしまうと、十中八九、ストレスを感じる場合があります。できるだけストレスを感じずに通勤・通学をしたい場合、以下のような対処法があります。

物理的に満員電車のストレスを解消する方法

満員電車に乗るからストレスが溜まるということはわかっているので、物理的に原因を取り除くと効果的です。
満員電車は毎日時間帯が限られています。そのため乗車時間をずらすことで満員電車を避けてストレスを解消することができるでしょう。
早起きをすることで始発電車など、すいている電車に乗ることができます。早朝の電車であれば座って通勤などをすることも可能です。

 

また実行できる人は限られますが、始業時間が遅い会社に転職したり、始発を利用できる駅の近くに引っ越したりすることも効果的でしょう。職種によってはフリーランスになって自宅で働く手もあります。

 

精神的な満員電車ストレスを解消する方法

満員電車のイライラは外的要因によるものです。そのため外からの刺激を遮断することができればストレスを感じずに済みます。
「ピンクの象について考えないでください」と言われると、ピンクの象のことばかり考えてしまいます。同じように「満員電車の混雑を気にしないでください」と言われても、気にしてしまうものです。
気にしないためには別のことに熱中すると効果的です。何かに集中して自分の世界に熱中することで、外的要因を気にしなくなるのです。
会社員であれば、仕事について考えてはどうでしょうか。その日のタスクを整理してスケジューリングをするなど実務にも役立ちます。資格取得のための読書勉強なども効率的です。
ポイントはスマホで操作できる内容にすること。満員電車は混んでいるので、動かせるのは片手だけだと思った方がよいでしょう。紙媒体の参考書などは電子書籍化すると便利です。

 

スマホであれば様々な娯楽に没頭することも可能です。ゲームや読書、映画や動画など、熱中できるほど面白いコンテンツであれば満員電車など気にせずにすみます。

 

心に余裕を持ち満員電車のストレスを解消する方法

満員電車でストレスを感じる原因は、他人との接触によるものだとお伝えしました。しかし普通に生活していれば、必ず他人と触れ合うものです。その時、自分自身に余裕がないとすぐにイライラしてしまうでしょう。
ストレスをためないコツは、心に余裕を持つことです。余裕があれば、少しくらいのことも許せてしまいます。
電車で通勤や通学をする人は、常に早めの行動を心がけると余裕が生まれます。少しくらいの遅延にも動揺しません。
「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉もあります。日ごろから体を鍛えておくと、気持ちを健やかに保てるでしょう。早朝ランニングなどを日課にすればさわやかに出社、通学できるかもしれません。
また、満員電車ではずっと立っている場合がおおく体力を消費します。運動をして体力をつけておくと、疲労からくるストレスも軽減されるはずです。

 

日常が充実していても、心に余裕が生まれます。家庭が持っている人は家族サービスをしたり、恋人や友人と過ごす時間を作ったり、個人的な趣味を充実させることも効果的です。

満員電車とうまく付き合いストレスフリーを目指す

電車は現代社会においてなくてはならない交通網です。多くの人が利用するからこそ、満員電車も発生します。満員電車はストレスを生み、イライラの原因になりますが、工夫をすることで解消することもできます。今回紹介した内容を参考にして、ストレスフリーな通勤や通学を目指しましょう。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*