マイホーム購入ブログ

住宅ローン事前審査-借入額の割合が39%アップした共働き妻(育休明け時短勤務)との共同申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンの事前審査 を申請して、私個人では2500万円までの借り受け枠が確保できました。

そして、実は私には共働きの妻がおりまして、 彼女も含めた共同での住宅ローン事前審査も、申し込んでいました。

その結果も当然出ており、金額も判明しています。

sponsored link

ズバリ、夫婦2人名義では3480万円の借り受け枠を確保できました。

私単体の借り受け枠2500万円と比べると、約39%も多く貸してくれるようです。

ちなみに、前回記事『住宅ローン事前審査-年齢36歳・年収300万円・勤続4年のサラリーマンの結果発表』も合わせてご覧いただければ幸いです。

産休・育休明けの時短勤務でも大金が借りられる

妻は勤続4年の正社員ですが、少し普通とは事情が異なります。

今からさかのぼること2年前、私たちは幸いにも男の子を授かりました。

妻は出産前から産休に入り、その後も一年半以上にわたって育児休暇を取得。

今年の4月から子供が保育園に入園できたことを切っ掛けに、元の職場に復帰しました。

今の働き方はフルタイム勤務ではありません。

保育園のお迎えがあるので、勤務時間を短縮した、いわゆる時短勤務をとらせてもらっています。

時短勤務の間は固定給ではなく、時給での給料を頂きます。

つまり、正社員時代に比べて、妻の給料は大分減っています。

時給制となり、その都度変動するので正確なことは分かりませんが、毎月14万円くらいのお給料をいただいています。

住宅ローン事前審査を申し込むときには、職場復帰した4月から先月9月までの半年分の給与明細を提出しました。

こんな不安定な収入で大金が借りられるかどうか、半信半疑でしたが、結果は前述した通りです。

「最近の銀行はお金を貸したくて仕方ない」

身近な人がそう言っていたのを思い出しました。

その手の世の中の仕組みについては、勉強不足なので分かりません。

やはり、貸してくれるなら借りなきゃそんですかね?

金額が大きいので慎重に決めたいと思います。

個人的には私単体で借りられる2500万円でどうにかしたいところです。

なぜなら、返済で無理をするのは避けたいと思うからです。

妻がいつまで働くかも未定ですし。

しかし、妻は借りる気満々のようです。

まあ、その気持ちもわかるんです。

だって、良いなーと思う物件は、だいたい3000万円以上するのが相場みたいなんですよね。

ハァ

そのへんのグチ(?!)は、またの機会に書かせてもらうとして(*’-‘)

今度は 住宅ローン事前審査で必要な資料や情報についてまとめます。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*