マイホーム購入ブログ

住宅ローン事前審査-必要書類を無料でプロに申請してもらう簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マイホームの購入を思い立ったら、住宅ローンについても調べると思います。

でも、このリサーチ作業が結構しんどいんですよね。

一番の原因は銀行の数です。

sponsored link

住宅ローン商品を扱っているのは、主に銀行なのですが、 数が多すぎます。

更に、銀行によって利率などの条件が異なり、比較するだけでも一苦労です。

一体、どこの銀行で住宅ローンを組むのが一番得なのか?

基本的に銀行のサイトの説明って、専門用語が多くて難しいんですよね。

私のような素人には、すべて理解が出来ませんでした。

結局、私は途中で挫折しました。

利用できるものは利用する

住宅ローンの銀行選びを、めんどくさいなー、と思い始めた頃、物件見学を申し込んでいた不動産仲介業者から連絡がありました。

実際の見学日時をすり合わせていたのですが、そのなかで、「住宅ローンの事前審査は早めにやった方がいいですよ」、 とアドバイスをいただきました。

無料だし、別にいいかなと思い、お願いすることにしました。

正直、物件を見学するより、 住宅ローン事前審査の方が目当てで、その不動産会社を訪問したくらいです。

不動産会社でお話しすること

当日は15時に内覧物件前で、不動産仲介会社と待ち合わせました。

2件の物件を見せてもらい、その後、17:00過ぎに不動産仲介会社へ車で送ってもらいました。

約 一時間半くらいの滞在になりました。

話した内容は、ほとんど住宅ローンの話です。

私たち夫婦が、どういう仕事をしているのか、借金はないか、予算や頭金はどのくらいで考えているかなどの状況確認。

現在は低金利で借りやすい、しかしいつまで続くかわからない、固定金利や変動金利の違い、どこの金融機関が一番利率が良いか、などの住宅ローン関係の説明。

これらのお話をざっくばらんに話しました。

正直、今となっては専門的なお話はほとんど覚えていませんが。。。

一応メモはしていたんですけど、お恥ずかしい話です。

要勉強ですね。

住宅ローン事前審査に必要なもの

その後、事前に持参するように言われていたものを提出します。

夫(私)

  •  直近の源泉徴収票
  • 運転免許証
  • 印鑑

  • 今年度の給与明細(6か月分)
  • 運転免許証
  • 印鑑

運転免許証は保険証などで代用可能です。

これらはコピーをとったらすぐ返してくれるので 安心してください。

一つ気をつけてほしいのが、共同で住宅ローンを申請する場合、夫婦といえど、印鑑はそれぞれ 一つずつ必要と言うことです。

例えば田中さん夫婦なら、田中の印鑑が二つ必要となります。

ハンコの種類は何でもいいそうです。

一つしかない場合は業者に相談するか、 よくある名前なら100均ショップでそろえてもいいでしょう。

あとは申請用紙に必要事項を書くだけです。

銀行の金利の比較表を見せてもらい、条件のよい銀行の申込書を用意してもらいます。

私が書いた項目は、住所、氏名、生年月日、 勤めている会社名、会社住所くらいでした。

それも「わからないところは 書かないでいいですよー」という感じでパパッと書きました。

正直、そんな簡単でいいんだ、と少し拍子抜けしたほどです。

物件見学より 住宅ローン事前審査が先!

お伝えしたとおり、住宅ローン 事前審査の申請は思ったより簡単に済みました。

それは、不動産業者にお任せ出来たからだと思っています。

自分で一から調べていたらもっと大変だったでしょう。

事前審査の申請は無料だし、興味がある方は、不動産屋に任せてみることを検討してはいかがでしょうか?

確かに営業メールは来るようになりますが、本気で家探しをしている方なら、それほど気にならないと思います。

ちなみに営業電話はうちの場合はきていません。

このあたりは不動産業者によると思います が、最近ではどの会社もほとんど電話はしないようです。

住宅ローン事前審査によって、自分たちが、今いくら借りられるか、その金額を把握しておくことはとても大切だと思います。

自分の財布の中身も分からずに買い物は出来ないですからね。

実際、金額が分かるとネットでの 物件探しも一気に現実味が帯びてきます。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*