フラット35

フラット35-仕組みを図解で簡単に理解する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産屋に マイホーム購入の相談に行ったときのことです。

「この物件ならフラット35でいけますよ」

「そうですか(笑)」と知ったかぶりをしましたが、フラット35がなにか、実は全然知りませんでした。

sponsored link

住宅ローンは、数千万円を借りる大借金です。そんな大金を貸してくれるフラット35について何も知らないことに不安を感じました。

そこで、フラット35の仕組みについて少し調べたのですが、意外と複雑で完璧に理解することができませんでした。

そもそも、フラット35でローンを組んでいる一般の人たちは、その仕組みについて完璧に理解しているのでしょうか。

たぶん、答えは「NO」だと思います。

逆に考えると、フラット35の仕組みの中には、私たちが知らなくても差し支えない部分があるのだと思います。

そこで、私たち借りる側にとって必要な部分だけを抽出して、誰でも簡単にフラット35を理解できるような図を書いてみました。

また、今回、フラット35の仕組みを図解するにあたって、以下のようなメリットが生まれることにも気づきました。

  • 不動産屋と話しをするときの理解が深まる。騙されない。
  • 奥様や身内へフラット35についての説明が出来る

フラット35の仕組みについて全く分からないという方は、参考にしてみてください。

フラット35の仕組みを簡単に図解する

flat35-shikumi

クリックすると拡大画像が開きます。

フラット35は、住宅金融支援機構なる組織が作った住宅ローン商品です。

そして、銀行がその商品(フラット35)を私たちに売る窓口になります。

銀行は、自分たちが利益を得るために少し高く価格(金利+手数料+α)を設定してから、私たちに売ります。

そのため、同じフラット35という商品を扱っていても、銀行によって価格(金利+手数料+α)が違ってきます。

私たちは、基本的には価格(金利+手数料+α)を目安にして、どの銀行からフラット35を買うかを選択します。

大元の住宅金融支援機構から直接買えば安く済むと思いますが、それは出来ない決まりになっています。

必ずどこかの銀行から買う必要があるのです。

大切なポイントは、各銀行が独自に定めているフラット35の内容を比較して、あなた自身にあったフラット35で住宅ローンを組むことです。

***

いかがですか?

簡単すぎて恐縮ですが、フラット35の仕組みを、私たち借りる側にとって大切な部分だけ切り出して、図解してみました。

基本的なことがわかると、次々と疑問が出てくると思います。

  • フラット35の金利はどうやって決めているのか?
  • フラット35の金利を予想する手段はないか?
  • フラット35はどんな住宅にも使うことが出来るのか?
  • フラット35は他の住宅ローンより本当にお得なのか?
  • フラット35は誰でも審査が通るのか?

などなど。

今後は、これらの疑問についても、出来るだけ簡単に解説していけたらと思っています。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*