マイホーム書籍のレビュー

ネタバレ感想-マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!イメージ画像

『マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!』という高橋正典さんの本を読みました。

マイホーム購入に際して、妻は新築一戸建てが希望ですが、私は中古一戸建てもありじゃないかな派ですので、ドンピシャですね。

妻への説得材料になるといいな、と思いながら読みました。


sponsored link

以下、本書のチャプターごとに内容の一部ネタバレと感想になります。

そもそも家は買うべきか、借りるべきか

本書では、 マイホームを買うべきか、一生賃貸で過ごすかと、不変の命題からスタートします。

もちろん、タイトル通りに購入を促すのですが、 中古一戸建てをすすめる点がメインコンセプトになります。

曰く、昔に作りすぎた家が時代とともに溢れており、今は中古物件がたくさんある、と。

中古物件の選択肢が増えたので、キチンと選べばお宝物件も見つかるかもね、という甘言で 読者の心をくすぐります。

究極の選択!買うなら戸建てか?マンションか?

マンションか戸建てかについて、主に資産価値などの面で比較します。

一応、比較の体裁ですが、本書の性質上、戸建てのメリットが勝る書き方にはなっているようです。

個人的には、子供の育てやすさと言う理由から、すでに 戸建てにロックオンしているので、資産価値の有る無しについては参考程度に読みました。

それでも、物件の資産価値について、時間とともに建物の価値はなくなっても、土地の価値が残るという考え方が勉強になりました。

新築住宅がこれだけ売れる6つの理由

新築物件が売れる理由を分析しています。

中でも、日本人は新築が好きだから、という身も蓋もない理屈には、やはりそうかと感心しました。

以前、妻になぜ新築がいいのか、と聞いた時「新築の方が良いから」と答えにならない答えをされたことがありますが、そういうことだったのですね。

これだけある中古住宅のメリット

やっと本題に入った気がします。

中古住宅の基本的なことをメリットとして説明されています。

中古住宅の価格が、 似ている物件と比較して決められているとは初めて知りました。

ゆえに、掘り出し物の物件が見つけることができるという理論は目から鱗です。

また、掘り出し物を見つけるための心構えである、固定観念を取り払う、現地に行く、不動産屋を味方につけるなどの考えも参考になりました。

新築VS中古、結局どちらがお得なの?

結局、土地が広い方が将来的にも高く売りやすいので、中古戸建ての方がお得というお話です。

新築戸建てと中古戸建てで、それぞれの 価格の決め方が全く違うことも興味深かったです。

新築物件の価格は、広告費の占める割合が 結構多いんですね。

失敗しない住宅選び[基本編]

家がほしいと思ってから、実際にやることを右脳派(感覚優先?)と左脳派(理屈優先?)に分けて解説するのがおもしろいですね。

あとは、不動産屋の選び方のポイント(資金・建築の相談できるか、アフターサービスが充実しているか)や、不動産広告の見方解説が目を引きました。

失敗しない住宅選び[実践編]

実践編とあるように、実際に物件を探し始めてから役立つ考え方を教えてくれます。

土地と建物をわけて計算することで、割安な物件を見つける方法や、法律用語、現地見学の時に気をつけることなどを詳細に解説しています。

また、中古戸建てに対する、ホームインスペクション (住宅診断・住宅検査)の重要性にも 言及しています。

失敗しない住宅選び[災害対策編]

長い年月の間そこに存在し続けた中古住宅は、新築より災害に強いと言う見方を紹介しています。

この辺の理論は 、ちょっと強引だなあと言う印象を受けました。

地震などの自然災害  に備えて、事前に出来る 調査や、災害保険への入り方もレクチャーしています。

失敗しない住宅選び[ローン編]

住宅購入時にかかるお金のお話です。

中古住宅の諸経費は、物件価格の5 ~7パーセントかかるという目安がわかります。

他にも、住宅ローンをいくら組めるか、どうやって返すか、その時注意することは、などなど、一番興味があるお金周りについて、私のような初心者でもわかるように易しく書かれているのが良かったです。

中古住宅を買うときに注意したい売買契約8つのチェックポイント

見出しの通りの内容です。

正直、 物件を探し始めたばかりの私達にとってはいまいちピンときませんでした。

それでも、中古住宅を買うときには新築住宅を買うとき以上に注意する点があるとわかっただけでも良かったです。

いざマイホームを買う時がきたら、また読み返したいと思います。

中古住宅にまつわる税金と特例-6つの基礎知識

これも、タイトルの通りの内容です。

家を買うときには、中古や新築問わず税金抜きには考えられない、と言うことですね。

家の資産価値を維持する!賢いリフォーム7つの方法

中古戸建てを買うときに、リフォーム金額を含んで予算を立てるということは知っていましたが、具体的に300~500万円に押さえるべきという意見が 参考になりました。

リフォームは 依頼する会社選びが大変そうです。

また、リフォームローンの金利が高いので、リフォームを前提としている場合は、住宅ローンにその金額を含むと良い、というアドバイスは参考になりました。

中古住宅を買う上でのリフォームの重要性は高い気がするので、もっと詳しく知りたい方は、他の関連書籍も 合わせて読んだ方が良いかもしれません。

将来、家を高く売るために、買ったあとにやるべきこと

今のところ、将来的にも家を売るつもりはなく、 一生暮らすつもりでマイホームを買う予定なので、参考程度に読みました。

まあ、先のことはわからないですけどね。

気が変わると言うことは往々にしてあり得ますし。

それに、 住む家を大切に扱う、と言う考え方は、売買するしないに関わらず大切なことだと 思うので、そういう意味では参考になるチャプターでした。

『マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!』を読み終えて

中古住宅を 購入するときには、新築住宅と異なる点があり、その違いを明確にわかりやすく説明されている本でした。

マンションや新築との比較は 、正直中古戸建て寄りだと思いました。

検討中の方は、別途比較資料に目を通すことをお勧めします。

中古住宅、特に戸建てで購入を検討されている方にとっては、かゆいところに手が届く良書だと思います。

文体はわかりやすく、図表も多用されているので、私のような素人でもスラスラ読むことが出来ました。

住宅ローンやリフォームに関しては別途書籍などの資料も必要になると思います。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*