脱毛

脱毛器を購入する前に知っておいたほうが良い6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「体毛が濃い」という悩みを抱えているのは、女性や男性など性別を問いません。最近ではメンズ用の脱毛エステ店舗なども増加の一途で、夏前には予約で埋まってしまう店舗も多数あるほどです。

プロによる脱毛が流行る一方で、家庭用脱毛器を通販などで購入し、自分で無駄毛の処理をする方もいます。脱毛器はレディス、メンズの区別なく使用できる商品が基本となっているようです。

本記事では、男女を問わず家庭用脱毛器の購入を検討されている方に対して、購入前に知っておいたほうが良い基本ポイントや脱毛エステ・医療脱毛との違いについても比較してお伝えします。

脱毛器にはメンズ用、レディス用といった性別による区分けはありません。本記事の内容は男女問わず参考にしていただける内容となっております。


sponsored link

脱毛器と除毛器

楽天やamazonで「脱毛器」と検索をかけると非常に多くの商品がヒットします。この中から安い脱毛器を選んで購入しようとしがちですが注意してください。なぜなら、その商品が脱毛器ではなく除毛器の可能性があるからです。

脱毛器はその名の通り毛を脱するための器具です。反面、除毛器はひげ剃りシェーバーのような毛を剃るための器具です。脱毛器自体の種類がそれほど多くないため、ウェブで検索したときに除毛器も含まれて表示されてしまうようです。

脱毛器による脱毛の仕組みについて

毛(メラニン色素のイメージ)

脱毛器では毛を剃ったり抜いたりせずに脱毛効果を得られます。
脱毛器を肌に近づけると、センサーが体毛の黒い色素(メラニン色素)に反応します。そして一瞬で毛根から破壊するのです。

レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器

脱毛器は毛根を破壊して脱毛しますが、レーザーによるものとフラッシュによるものとに分けられます。それぞれレーザー脱毛器、フラッシュ脱毛器と分類できます。
一般的にレーザー脱毛器の方が、照射範囲が狭く強い痛みを伴う反面、脱毛効果は高いと言われています。

反対にフラッシュ脱毛器の場合、レーザー脱毛器より範囲が広く、痛みを感じにくいという特徴がありますが脱毛効果は劣るようです。

脱毛器の口コミと価格帯

脱毛を考える女性

ネットでの口コミや満足度を鑑みたうえで、ある程度の効果が見込まれる脱毛器を例に価格帯を調査しました。すると概ね4~7万円程度の商品が主流となっています。更に詳しく調べると、価格が高い脱毛器ほど脱毛効果が期待でき、更に脱毛に伴う痛みも少ないという口コミが多く見受けられました。
この価格が妥当かどうかを判断するにはコスパを考慮する必要があります。例えば、脱毛エステや医療脱毛に通った場合、基本的に数回~数十回通うことになり、その価格は数十万円は下らないでしょう。そうした脱毛費用と比べたときに、良いものでも7万円以下の家庭用脱毛器をお得と感じる方が多くいるようです。家庭用脱毛器は一度買ってしまえば壊れるまで何度も使うことができるからです。

脱毛器に対する不満やデメリット

いくらコスパが良くても脱毛効果に満足できなければ買う意味がありません。先述したとおり、4~7万円程度の脱毛器の場合は概ね満足できる結果を得ているようです。しかし、中には不満の口コミも見受けられたので以下に紹介します。

脱毛器ユーザー
脱毛器を使用したときの痛みが我慢できない
家庭用脱毛器は全て自己責任で利用しなければなりません。例えば使い方を誤り大きな痛みを感じることもあるでしょう。肌に合わずにその後は使わなくなる可能性もあります。また、肌トラブルがあった場合でも自分で対処しなくてはなりません。

脱毛器ユーザー
脱毛効果に不満がある
家庭用脱毛器は脱毛エステなどと比べてパワーが弱く設計されています。それは、安全性を第一の基準としているためです。そのため、肝心の脱毛効果に満足できない方もいるようです。

脱毛器ユーザー
継続しての利用が面倒くさい
脱毛とは、計画的に行わなければ思い通りの結果を得ることはできません。「毛周期」というサイクルを意識してスケジュールを立て、中長期的に取り組む必要があります。ダイエットと同様に一人で取り組むと継続させることが難しい側面があります。

これら不満の口コミから家庭用脱毛器を使う際には、間違った使い方をしないための商品知識、効果的な脱毛効果を得るための脱毛知識、中長期的に取り組む時間と根気が不可欠と言えるでしょう。
また、家庭用脱毛器では自分の手が届く範囲しか脱毛できないため、背中などのムダ毛処理はできません。加えて、V・I・Oといったデリケートエリアは肌トラブルの元になることも多く、自分で処理をするには不安が残ります。

脱毛エステや医療脱毛という選択肢

脱毛エステカウンセリングの風景
家庭用の脱毛器を検討していたけれど、ここまでの説明を読んで自分には合わないと思われた方は脱毛エステや医療脱毛という選択肢もあります。

脱毛エステの特徴

まず、脱毛エステは、家庭用脱毛器の種類で紹介したフラッシュ脱毛器を使って施術します。もちろん、業務用のため家庭用脱毛器よりハイパワーで処理できるので高い効果が期待できます。
実際の施術前には、研修を受けたエステティシャンがカウンセリングを行う対応が基本です。毛の生え方は人それぞれなので、肌の状態や毛周期を考慮しつつ脱毛プランを設計します。また、自分では手が届かない背中や、デリケートエリアも対象となります。

脱毛エステ【エピレ】

TBCがプロデュースする,お客様の声から生まれた脱毛専門サロン「エピレ」
≪19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン≫
エピレの人気部位を自由に組み合わせできる! 他サロンの脱毛体験と異なり,「エピレ」ではなんと,Sパーツはもちもん,下記Lパーツも体験が可能! 気になる部位だけ脱毛したい方におすすめのプラン♪
全身から選べるなんて嬉しい♪19部位から選べる2箇所脱毛980円!

医療脱毛の特徴

医療脱毛では、レーザー脱毛器を使った脱毛を行います。レーザー脱毛器は医療器具なので、医療従事者しか扱うことが出来ません。家庭用のレーザー脱毛器は、一般の方でも扱えるように、極端にパワーを落とした機器になります。医療脱毛は、家庭用脱毛器や脱毛エステに比べて高い効果が期待できます。その分、強い痛みを感じる方も多いようです。また、かかる費用も一番高いのが特徴です。

全身医療脱毛美容クリニック【レジーナクリニック】

日本で初めて医療脱毛機として厚生労働省に認められたジェントルレーズプロを使用!平日は21時まで営業!しかも年中無休なので通いやすい! 独自の予約管理システムだから予約が取りやすい! 問診でしっかり肌質・毛質をチェック!オーダーメイドで脱毛プランを提案します!
全身脱毛するなら医療脱毛専門のレジーナクリニックへ


医療用レーザー脱毛器のメンズ脱毛【メディエススキンクリニック(メンズ脱毛)】

メディエススキンクリニックでは、医療機関のみが使用できる医療用レーザー脱毛器を使用しています。国家資格を有する医師・看護師が体調・肌の状態・毛の状態により適切な出力を選択して施術を実施します。
納得するまで何度でも!/メディエスの髭脱毛

まとめ

体毛の悩みは人それぞれであり、また毛質も異なります。そのため、適した脱毛方法も人それぞれ違って当然です。
毛の量が少なく薄めの方は、自己管理さえキチンと出来れば、家庭用脱毛器で満足できるかもしれません。反対に、毛が濃い方や、機械の扱いが苦手な方、スケジュール管理や脱毛に関する知識を勉強することを面倒に感じる方は、プロに任せる選択肢もあると思います。
プロには医療脱毛と脱毛エステがあります。費用が高額でも構わず、施術の痛みにも耐える覚悟がある方は、高い脱毛効果が得られる医療脱毛が適しているでしょう。
しかし、費用面で安く抑えつつ、安全で満足できる脱毛効果を望む方には脱毛エステをおすすめします。脱毛エステでは、スキンケアなどのアフターケアも充実しています。そのため、初めて脱毛をされる方には脱毛エステがあっているかもしれません。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*