SNS

Instagramに長方形の写真をアップするときに気をつけたいワンポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagramは、写真がメインのSNSです。FacebookやTwitter、LINEなどとは違った特徴を持っており、世界中で人気があります。日本でも「インスタ映え」する写真が流行中です。
Instagramは写真がメインコンテンツであるため、アプリ自体に画像加工などの機能が備わっています。また外部アプリも多く配布されており、多くのユーザーが利用しているのです。
ところで、Instagramに写真を投稿する時には基本的なルールが存在します。また少し前から長方形写真もアップできるようになりました。きれいな写真を投稿するためにも、正しい写真アップ方法を覚えておきましょう。


sponsored link

Instagramに投稿する写真サイズは?

数年前までInstagramには正方形の写真しか投稿できませんでした。しかし現在では長方形の写真もアップ投稿することが可能です。
Instagramに投稿できる写真の最大横幅は1080Pixel。アスペクト比は1.91:1~4:5と公表されています。数値が細かくて分かりづらいかもしれません。例えば横幅が1080Pixelの写真の場合高さは1350Pixelであれば問題ないでしょう。
アスペクト比が異なる写真をアップした場合、Instagramアプリによって最適化されます。写真サイズが大きすぎれば幅1080Pixelに自動で縮小されるでしょう。逆に小さすぎる写真の場合、幅320Pixelまで無理やり拡大されます。
普通にスマホで撮影した写真であれば、小さすぎることはあまりないかもしれません。しかし高解像度すぎて縮小されるケースは多いでしょう。高解像度が小さく圧縮されるケースでは、写真はあまり劣化しませんので安心してください。

Instagramの長方形写真ベストサイズは?

Instagramに長方形の写真を投稿する際のベストなサイズはなんでしょうか。先程お伝えした「1.91:1~4:5」に幅があるのは、縦長から横長まで含むからです。
つまり、縦長の長方形画像の場合、最適なアスペクト比は「4:5」。実際の写真の横幅は1080Pixel、高さは1350Pixelとなります。
横長の長方形画像の場合、最適なアスペクト比は「1.91:1」。実際の写真の横幅は1080Pixel、高さは566Pixelとなります。
ちなみに正方形の場合は当然「1:1」が最適なアスペクト比になり、縦横ともに1080Pixelとなります。

実際にInstagramに長方形画像を投稿する際の注意点

Instagramで写真を投稿する時には、左下の「」(カギカッコ)アイコンをタップするか、写真自体をダブルタップすると、正方形と長方形を選択できます。このたった一操作で写真を手軽にアップすることができます。写真コンテンツに合うアスペクト比を選ぶと良いでしょう。
写真を長方形としてインスタにアップするときに気をつける注意点は、統一感をもたせるということです。あなたの投稿した写真は、一覧で表示されることになります。そのときに長方形と正方形の写真が混在していると、統一感がなくバラバラとした印象を与えることになります。
いまからインスタデビューする方ならともかく、すでに多くの写真を投稿している人は、これからでも良いので統一感をもたせると良いでしょう。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*