IT・WEB

プログラマーの必須スキルを理解するたった5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AIやロボット技術が、将来のビジネスを左右すると言われる現代。それらを構築して扱うプログラマーは、貴重な存在です。企業にとって優秀なプログラマーは、喉から手が出るほど欲しい人材です。実際に、世界的にプログラマーが不足しており、争奪戦が繰り広げられています。
そんな中、新たにプログラマーを目指す人もいるでしょう。そのような人は、どのようにしてスキルを身につけるべきか。基本的なプログラマースキルの身につけ方について解説します。


sponsored link

プログラマーの必須スキルとは

プログラマーの必須スキルとはなんでしょうか。まずプログラマーには種類があることを知らなければなりません。例えばホームページなどを作るウェブ系やゲーム系では必須スキルも異なります。分野ごとに必要なプログラミング言語などを習得して理解し、書けるようになるコーディングスキルが必須スキルだと言えるでしょう。

point1_種類によって変わる最低限必須の基礎知識

プログラマーの必須スキルは、そのジャンルによって異なります。まずはホームページなどを作るときに必要なウェブ系プログラマーの場合、HTML、PHP、CSSが必須です。さらにコアなシステムを構築するためには、Perl、JavaScript、Javaなども必須となるでしょう。

ゲーム系プログラマーの場合は、さらに細分化されます。ゲーム機やアプリゲーム、オンラインゲームなどがあるからです。プログラミングに際しては、C言語系が必須スキルだといえるでしょう。またスマホのゲームアプリ開発にはObjective-C、Javaなどが必須です。

また社内システム系のプログラマーであれば、プログラミングスキルとともにデータベース言語も理解しなければなりません。またサーバーシステムを構築するオープン系プログラマーの場合、データベース言語、C言語、Java、COBOLなど複数のプログラミング言語が必須能力です。

他にも通信系プログラマー、パッケージアプリケーション系プログラマーなど、プログラマーの種類は多数あり、それぞれに必須スキルは異なります。

point2_最低限のスキルをチェックする方法

初心者の場合、自分にどれくらいのプログラミングスキルが備わっているのか判断が難しいことがあります。ビジネスとして活用できる最低限のスキルを持っているのかどうかどのようにチェックすればよいのでしょうか。

まずは実際に可動するプログラミングを作ることでスキルチェックができます。スムーズにコーディングできるかどうか、またきちんと思うように可動するプログラミングを作ることができれば最低限のスキルを持っているといえます。たとえば既存のサービスを模倣したり、独自アプリを開発したりすることでスキルチェックができるでしょう。

また知識を目に見える形でアウトプットすると、自分のスキルチェックができます。たとえばブログなどでチュートリアル的な内容を投稿すると、自分の理解が薄いところなどを発見できる効果も期待できるのです。

point3_能力差を埋めるスキルアップのコツ

はじめは誰でも初心者であり、未熟です。参考本の写経をしたり、コツコツと見本のプログラムを真似したりして、勉強を重ねることで少しずつ内容が理解できるようになります。

どのようなプログラミング言語でも、繰り返し処理や分岐処理などの基礎的な考え方は共通しているものです。これらの基礎知識を身につけることで、他のプログラミング言語も理解しやすくなります。そうして多くのプログラミング言語を理解していくことは、プログラマーとしてのスキルアップのコツだと言えるでしょう。

プログラマーに必要となる意外な能力

プログラマーには、専門的なプログラミング能力の他に必要となる能力があります。それは目に見えない能力なのでわかりにくいかもしれませんが、ビジネスとしてプログラミングをするときには必須のスキルと言ってもよいほど大切なものです。

point4_コミュニケーション能力は必須

実際の現場では、プログラマーはチームとして可動することがほとんどです。それは同じ作業をするプログラマーだったり、全体を統括するディレクターだったり、デザイナーだったりします。

共に仕事をする以上、彼らとスムーズなコミュニケーションを図ることは必須です。どれだけ一人でする作業が多くても、それだけでは決して完結しないでしょう。コミュニケーションが不足すると、無駄な作業が発生したり、大きなミスにつながったりします。それは作業の遅れを引き起こす原因となりかねなないのです。

普通の仕事と同じように、プログラマーも職場環境を大事にしなければなりません。

point5_資格取得は向上心の現れ

プログラミング言語は日進月歩の世界。常に新しい情報が生まれています。新しい情報は、どんどん仕事に組み込まれていくので、プログラマーはアンテナを張って、最新情報を仕入れて行かなければなりません。そのため向上心はプログラマーの必須スキルだと言えるでしょう。

知識を得るときに目標としやすいのが資格取得です。特に初心者の人は資格取得をスキルアップのマイルストーンにすると向上心が持続しやすいメリットがあります。「Java SE 8 認定資格」は、いろいろなシステムで利用されているJAVAが対象となった資格です。初心者向けのブロンズ、中級者向けのシルバー、上級者向けのゴールドと資格がランク分けされているので、挑戦しやすいでしょう。

またプログラミングとは直接関係ないかもしれないけれど、情報処理技術の資格取得もおすすめです。多くはIT業界で働く初心者向けの資格ですが、情報リテラシーの向上に役立つためプログラマーにとっても有益な資格だと言えるでしょう。

必須スキルを身に着けてプログラマー特需に備える

今後更に、プログラマーの需要は高まることが予想されます。世界の発展にIT技術は不可欠だからです。その際に必要となるプログラマーは、多くの分野から必要とされるでしょう。そのニーズに応えるためには、出来るだけ早くプログラマーとしての必須スキルを身につけておく必要があります。プログラミングに興味がある人は、ぜひスキルアップを目指してください。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*