就職・転職

転職前に棚卸しをすると40歳代でも転職成功できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一般的には、40代で転職は難しいと言われています。しかも未経験の職種では、ハードルの高さも倍増です。しかし諦めてはもったいない。
転職前に棚卸しをしておくと、40代でも未経験職種への転職が成功できます。
「棚卸し?」「未経験でも?」、40代で未経験職に転職する想定で解説します。


sponsored link

45歳で未経験職への転職は難しい?

40歳代で未経験職への転職は、難しいと考える人が多いです。企業が求めているのは経験者であることが多いことが原因のひとつ。もし、新卒や第二新卒であれば、未経験者でもゼロから経験を積めば成長の可能性が高まります。しかし40歳代では、伸びシロが少ないとみなされ、企業からは敬遠されてしまうのです。
そのため、40歳代で未経験職へ転職することは、実際には難しいといわざるをえません。

スキルと経験の棚卸し

それでは40代の人は、絶対に未経験職へ転職できないのでしょうか? そんなことはありません。実際に転職を成功させている40代の人は多くいます。
「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」は孫子の兵法ですが、このなかの「己(おのれ)」とは自分のこと。つまり、転職活動を成功させるには自分を知ることが大切です。
「自分のことなど当然知っている」と高をくくってしまうと、面接などの場面で効果的に使うことができません。そのためあらかじめ棚卸ししておくのです。

転職時の棚卸しポイント1_ブレインストーミング

棚卸しするものは、スキルと経験です。より具体的に紙に書き出すことで、頭の中を整理することになります。
このときのポイントは、公私を分けずにブレインストーミングすること。思いつくだけ書き出して、後で削れば良いのです。
自分を知ることは、武器になります。転職活動という戦場では、採用担当者に深く刺さる武器を用意しておかなければ、勝つことはできません。

転職時の棚卸しポイント2_働く姿をイメージ

棚卸しした大量のスキルと経験を、転職先企業に合わせてふるいにかけます。このとき大切なことは、転職後の働くイメージを明確に持つことです。自分が働く姿をイメージしたときに、役立つ経験やスキルを、自分の過去の経験から探し出します。
直接的に関わりが無くても大丈夫。間接的でも関わりがあれば実務の役に立つでしょう。その点を上手くアピールすることが大切です。
40代で未経験の職種へ転職する時には、それまで社会人として過ごしてきた日々が、資産となります。大切に自分の過去を紐解いて資産を見つけましょう。

転職時の棚卸しポイント3_学ぶ姿勢をアピール

転職に際して棚卸しをした結果、新たな就職希望先で活かせる技術や経験が不足していることがわかることもあります。「自分にはなにもできない」と落ち込むことはありません。できないことを知ることも、棚卸しをするメリットだからです。
未経験ゆえにできないことは、仕事を通して学ぶことができます。しかし、仕事をする前にも基本的な知識を、独学で身につけることは可能です。例えば、就職希望先で役立つ資格を取得したり、独自に業界の本を買って勉強したりすることを、面接などで上手く伝えることができれば、評価につながります。

未経験への転職は棚卸しが必須

40代で未経験の仕事へ転職することは大変な決意です。しかしトライする価値はあります。挑戦する前には、スキルと経験の棚卸しという下準備が大切です。40代であれば、それまでに豊富な社会経験があることが、逆に武器となります。転職希望先の採用担当者から高評価を得られるように、棚卸しで明確化した強みを、的確に伝えてください。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*