就職・転職

転職するならリクルートエージェントがおすすめな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

登録をするだけで転職相談に乗ってくれる転職エージェントは、求職者にとって強い味方です。数ある転職エージェントのなかでも、抜群の紹介実績を誇るのがリクルートエージェントだといわれています。実際に利用した人はリクルートエージェントについてどのような評価をしているのか調査しました。

sponsored link

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントの企業としての強みはどこにあるのか、また運営会社や提供サービスについてもお伝えします。

リクルートエージェントの運営会社は?

リクルートエージェントの運営会社は、リクルートホールディングスのひとつである株式会社リクルートキャリアです。大手転職サイトとして有名なリクナビネクストを運営している会社と同じであることがわかりました。

リクルートエージェントはどんなサービスを提供している?

求職者の経験やスキル、希望条件にあう企業をピックアップして紹介します。また求職者の価値を最大限に高めるため、キャリアの棚卸しに力を入れているようです。そのほかにも履歴書や職務経歴書など応募書類の添削や、面接に対するアドバイスなどもサービスとして提供しています。

リクルートエージェントの強みとは?

求職者が転職エージェントを選ぶときは、それぞれの強みを確認する必要があります。以下ではリクルートエージェントの強みについて説明します。

リクルートエージェントの転職実績は?

リクルートエージェントは2016年3月期までに、約37万人の転職を成功させてきました。この成功事例は、年間2万3000名以上の転職を支援してきたことによって成し得たといえるでしょう。こそして培ったノウハウはキャリアアドバイザーに脈々と受け継がれ、私たちが受けるサービスに反映されています。

リクルートエージェントの求人件数は?

リクルートエージェントが保有している求人件数は約10万件以上。これは大企業であるリクルートグループならではのコネクションを活かした結果といえるでしょう。業界のジャンルも幅広く、グローバル、金融・コンサルタント、経営幹部、営業、企画・事務、ITエンジニア、電気・機械系技術職など豊富なラインナップがそろっています。多くの紹介企業の中から転職先を提案されると、求職者自身も気づいていない新たな価値を発見できます。そのため初めて転職エージェントに登録する人にもおすすめです。

リクルートエージェントの独自サービスとは?

リクルートエージェントでは独自サービスを開発、提供することで転職の成功に役立てています。求人チェックやメールの対応、選考の進捗管理までできる「Personal Desktop」は、スマホ専用アプリも提供されているので、いつでもどこでも活用することが出来ます。職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメNavi」や企業の社風が分かる「AGENT REPORT」などのサービスも活用することで、さらに転職活動がスムーズに運ぶでしょう。また面接の通過率を高める「面接力向上セミナー」も随時開催しているので、上記の独自サービスと合わせて利用することで転職の成功率アップへつながるはずです。

リクルートエージェントの実績

次にリクルートエージェントのサービス実績を紹介します。具体的なデータに基づいて説明するので自身の希望転職先と比較するなどして参考にしてください。

リクルートエージェントによる転職者の傾向は?

2011年に転職が成功した人の中で、一番多かった職種は営業職でした。そして業界別に見るとIT・通信業界への転職が最も多かったようです。どちらも2位以下との差を大きく開けているという共通点があります。つまり営業職、IT・通信業界への転職を希望している人は、他の職種や業界へ転職を希望している人よりも成功する確率が高くなります。これは、もともと営業職やIT・通信業界への転職を希望していなかった人にとってもチャンスといえるでしょう。なぜなら選択肢の幅を少し広げるだけで、成功率が一気に高まることを意味しているからです。そのためこれらの職種や業界への転職を検討してみることもおすすめです。

リクルートエージェントによる転職者の年齢は?

転職を成功させる人は年代によっても違ってきます。一番多くの転職決定者を出すのは26~35歳で全体の7割にも達します。全体の順序をみると転職決定率の高い順から26~30歳(44%)、31~35歳(26%)、25歳以下(14%)、36~40歳(10%)、41~50歳(5%)、51歳以上(1%)となります。データをみると40歳を超えてからの転職は特に難しく、若いうちに決断することが大事だということがわかります。

リクルートエージェントに求人を出す企業は?

リクルートエージェントの求人企業の内訳について紹介します。まず求人企業総数は年間1万3000社以上であり業界トップクラスと言えるでしょう。その中でも外資系企業は全体の11%であり1400社を超えます。中小企業は全体の49%を占めることになり割合では最も多いタイプです。そして大企業の割合は全体の21%にもなります。

リクルートエージェントによる転職者の年収は?

一般的に転職すると年収が下がる傾向がありますが、リクルートエージェントで転職に成功した人の6割以上が年収アップを達成しています。この実績はこれから転職活動をする人にとっては嬉しいデータではないでしょうか。

リクルートエージェントの評判

実際にリクルートエージェントを利用した人の評価を探るためにネット上の口コミなどを集めました。「キャリアの棚卸しを徹底的にするためカウンセリングが長時間になったが親身に聞いてくれた」「紹介された企業を自分なりに調べたがブラック企業が少なかった」「じっくりと希望の転職先について掘り下げてくれたおかげで、自分でも想定していない業界に興味が持てた」などエージェントによるカウンセリングが充実しているといった意見が多い印象を受けました。逆に「エージェントからの連絡が多すぎる」「熱心すぎて自分とは合わない」など人によってはマイナス評価になることもあるようです。

リクルートエージェントの登録フロー

リクルートエージェントに登録すると一体どのような流れとなるのか、実際に転職が成功したパターンを想定して説明します。

リクルートエージェントサービスへの登録方法は?

まずは公式サイトからリクルートエージェントに登録しましょう。その際、転職先の希望要項やプロフィール情報を入力することになるので、出来るだけ詳しく入力するようにしましょう。またスカウトサービスという機能に登録すると、企業や転職エージェントからあなた宛にオファーが届くようになります。転職の成功確率が上がるため本気で転職を目指す方は登録しておくほうがよいでしょう。

リクルートエージェントのキャリアカウンセリングとは?

次にキャリアカウンセリングを行います。キャリアカウンセリングとは、スケジュールの確認、キャリアの棚卸し、転職の目的、転職先に求める希望条件を確認する作業のことです。この作業を経てから案件を紹介されることになります。ちなみに紹介された案件を受けるか断るかは求職者の自由です。キャリアカウンセリングにかかる所要時間は1時間~1時間半程度です。対面で行う方法と電話で行う方法があります。

リクルートエージェントによる書類添削や面接対策とは?

まず求職者は履歴書や職務経歴書などの必要書類を用意します。修正する箇所があれば適宜添削を行ってくれるます。転職のプロがキチンとチェックしてくれるので安心して書類作成ができます。また必要があれば面接対策も行ってくれます。このように細かいところまでフォローしてくれる体制は、エージェントサービスならではだといえます。

リクルートエージェントによる応募方法は?

求職者の意思を確認した上で応募先の企業が決まれば、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが企業へ推薦をします。その後、面接の日程調整までアドバイザーが行ってくれるので求職者は連絡を待つだけでいいのです。また転職活動の専用ページ「Personal desktop」を活用すれば、応募状況の確認や応募の意思確認の連絡もスムーズに行なえます。

リクルートエージェントによる各種交渉とは?

転職先が確定した後はキャリアアドバイザーが転職先企業との交渉を行います。年収や待遇について、入社日の調整などの希望があればキャリアアドバイザーへ伝えるようにしましょう。転職者は現在勤めている会社に対して、職務の引き継ぎなどの退職に向けた準備に集中することができます。また、退職に伴う手続きや関係者への挨拶、引き継ぎなど、内定後にやらなければならないこともキャリアアドバイザーがサポートしてくれる。

転職活動を成功させるならリクルートエージェント

リクルートエージェントの強みはなんとっても扱う企業の豊富さと転職成功事例の多さといえます。あらゆる業種や職種を扱っており、求職者の想定を超えた提案をしてくれるので、初めて転職をする方は最初に登録したほうが良いエージェントサービスだといえるでしょう。また、その実績を支える充実した独自サービスとキャリアアドバイザーの存在が一番の魅力です。特にキャリアアドバイザーは、親身になってカウンセリングを行うため、転職者は安心して転職活動を行うことができるのです。本気で転職を考えている方は、ぜひリクルートエージェントに登録してはいかがでしょうか。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*