就職・転職

45歳で年収アップさせる転職方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

45歳といえば会社員として中堅どころ。世間的には稼ぎ時といわれる年代です。しかし現状の給与や待遇に満足していない人は多いでしょう。特に年収アップを実現するには、今の会社に属していては難しいかもしれません。記事では、45歳の会社員が転職によって年収をアップさせるためのポイントを解説します。

sponsored link

40代の平均年収を再確認

まずは40代の平均年収を確認して、45歳の自分の立ち位置を把握することから始めます。

年齢別にみる40代の平均年収
40歳 約449.2万円
41歳 約454.6万円
42歳 約460万円
43歳 約466.8万円
44歳 約473.6万円
45歳 約480.4万円
46歳 約487.2万円
47歳 約494万円
48歳 約496万円
49歳 約498万円

参考:40代で手取り25万円はやばい?!平均年収から考える

上記の参考データにある年収は、12か月の月給プラス賞与です。各種税金や保険は差し引いていない額面の金額となります。45歳であれば480万円程度です。
現在の自分の年収と比べて多いでしょうか、それとも少ないでしょうか。平均より年収が低い場合、落ち込みますが、悲観していても仕方ありません。世間の平均に届くように努力をする方法を探しましょう。
また平均年収と同じくらいであっても楽観できません。独身であれば人並みの生活はできますが、家庭を持つと夫婦共働きをした方がよいとされるレベルだからです。

45歳は年収500万円を目標とする

45歳の平均年収である480万円に届かない人はもちろん、同等レベルの人は、今のうちに年収アップを目指すことをお勧めします。まずは目標となる年収金額を設定することになるでしょう。
上記のデータを見ると、40代のどの年齢でも、年収500万円は超えていません。つまり年収500万円は、40代の年収として高いレベルに入るのです。
年収500万円で想定した場合、月の手取りはいくらになるでしょうか。賞与や保険などを引くと、月30万円程度になります。独身であれば問題ないでしょう。家庭を持つと月30万円でも、ギリギリのラインです。
賃貸の場合は家賃、マイホームであっても住宅ローンがあります。さらに家族の人数分の生活費や将来への貯えなど。子供がいれば学費や養育費も無視できません。
決して多すぎる収入ではありません。しかし一つのボーダーラインではあります。
年収500万円以下の人は、まずこのラインを目指しましょう。

上場企業への転職は45歳からでも可能か

年収アップを目指すとき、最初に思いつくのは転職ではないでしょうか。現在の会社で給与アップが望めない場合には、有効な手段の一つです。では、年収アップを目指すには、どのような会社へ転職するべきか。それはずばり、上場企業です。
上場企業であれば年収は高めに設定されています。40代の平均年収がどの年代でも500万円以下だったのに対し、上場企業に絞って考えると平均年収は550万円から600万円程度だといわれています。また、上場企業のうち数十社では、40代の平均年収が1000万円を超えているのです。

転職を45歳で決意する前に

転職を決意する前に、現状を再確認することをおすすめします。勢いで退社してしまったけれど、45歳にして無職になっては目も当てられないからです。
本当に転職をするべきかどうかを再検討します。ポイントはいくつかあります。
まず、このまま今の会社に在籍し続けて、本当に年収アップが見込めないかどうか。会社に売れ筋の製品やサービスがあれば、今後飛躍する可能性もあるので、調べてみましょう。
特殊な資格や経験がある人は、その強みを活かせるかどうかも重要なポイントです。強みが生かして活躍するチャンスがあれば、給与アップにも結び付く可能性があります。
また、この数年の間に給与アップ、賞与アップが実際にあったかどうかも参考になります。あまり長期間動きがなければ、今後も望みが薄いかもしれません。
最後に職場で従業員が減った時に募集をしているかどうかからも、会社の経営状態をうかがい知ることができます。

45歳にオススメ!転職先の業種や資格

現在の会社に在籍し続けても、年収アップが望めない場合、転職を考えるとよいかもしれません。45歳は微妙な年代。そのため、稼ぎやすい業界の会社を狙うのがポイントです。
一般的にサービス業やエンターテイメント系の業種、IT関係の業種は高収入が望めるといわれています。
もちろん手に職があれば、より一層稼ぎやすいでしょう。たとえばファイナンシャルプランナーや社会労務士、中小企業診断士などの士業資格が有効です。企業によっては、保有する資格によって諸手当がつくことがあります。
しかし、同じ業種、同じ資格であっても、雇い入れる会社によって条件はさまざま。転職活動をする前には、企業ごとに詳しく内情を調査する必要があります。その時に役立つのが、インターネットの口コミです。実際に働いた人や、面接を受けた人の口コミを見ることができるので参考にするとよいでしょう。
また、転職エージェントに登録すると、業界人だけが知る情報を得ることができます。転職エージェントは、普通の転職サイトとは違い、登録者に合った転職先を探してすすめてくれるサービスです。転職を検討しているだけの人でも、とりあえず登録することで、有益な情報を得られるかもしれません。

45歳、地に足の着いた転職を

転職活動をする前には、まず生活を確保してからが基本です。45歳といえば若くもないので、地に足の着いた転職活動をしなければ、本末転倒となることもあるでしょう。特に家庭を持っている人は、より慎重に転職活動をしなければなりません。基本的には在職中に転職先の内定を取り、ブランクなく職場を移すことが理想とされています。
しかし、働きながら就活をするのは大変です。そのような場合には、自分の代わりに転職先を探してくれる。転職エージェントのようなサービスを利用することも検討してはいかがでしょうか。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*