就職・転職

40代で手取り金額30万円は妥当?平均年収や平均月収から考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

40代といえば会社でも中堅どころ。給与もそれなりの金額を得ている人は多いかもしれません。しかし世間一般の常識と比較したとき、自分の評価がどの程度か気になることがあります。
会社員が自分の価値を測るものさしのひとつが手取り金額です。今回は手取り30万円がどのレベルに属するのかを検証します。調査にあたって、40代の平均年収などを参考にしました。

sponsored link

40代の平均年収から手取り金額を導き出す

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況(外部リンク)」や国税庁の「民間給与実態統計調査(外部リンク)」がデータソースです。

まず年収について。年収とは、純粋な月給に、賞与や各種手当や保険などを含んだ金額のことを指します。つまり月の手取り金額を導き出すには、年収からそれらを差し引かなければなりません。
40代の会社員が得ている年収は、平均で460万円くらいだといわれています。上記の諸々を差し引いた金額を12ヶ月で割ると、月の手取りは、平均25万円くらいになるでしょう。
これは男女混合で考えたときの金額です。

男女別にみる40代の平均年収

男性だけで考えると、平均年収は560万円くらいにアップします。逆に女性は300万円くらいにダウンします。
それぞれ月の手取りは男性が30万円くらい、女性で18万円くらいとなります。
男女で金額に開きがある理由のひとつとして雇用形態が関係していると考えられます。女性に非正規雇用が多い傾向があるからです。

家族構成によって変わる金銭感覚

上記のデータをみると、冒頭で基準値として出した月手取り30万円は少なくないといえます。しかしこれは家族構成や生活状況によって個人差が生まれるでしょう。
例えば独身か家庭があるかどうかの違いでも、月の消費金額が違います。
またマイホームを購入した場合には住宅ローンが発生することが一般的です。賃貸に住んでいる場合でも家賃はあるでしょう。対して実家住まいの場合は住居に関する費用は無料です。
子供がいれば養育費や学費がかかりますし、家族が多いほど生活費がかさみます。
このように同じ30万円でも生活環境や家族構成によって感じ方は異なるため、一概に多い少ないとは言えません。

給与アップの可能性

できることなら給与をアップしたいと考える人は多いでしょう。
まず現在の職場で給与がアップするかどうか再確認することから始めます。例えば昇給が頻繁に行われる社風かどうか、資格取得によって手当がつくのかどうかなどです。
また残業があまりない会社であれば、副業によって収入アップを望むことができます。
このように、まずは自分の今置かれている状況を把握することが肝心です。

転職も一案だが…

今勤めている会社では、どう頑張っても収入アップが見込めない場合、転職も一案です。
しかし、40代で転職するにはリスクも伴います。
まずは今の会社に勤め続けることで得られるメリットがあるかどうか、棚卸しすることが大切です。
例えば退職金はどの程度でるのか、福利厚生で優遇されていることはないかなどがあります。
トータルで検討するようにしましょう。
それでも転職したほうが大きいメリットを得られる場合もあります。
その時には、資格取得や将来的な独立がしやすい職種であるかを考えて、転職先を探すことが大切です。

40代から飛躍を目指す

40代で30万円の手取りを得ている人は、ひとまず平均的だと思って良いです。しかし、さらなる飛躍を目指すことも一つの手。転職や独立などの可能性を調べてみてもよいでしょう。注意点は軽はずみな行動はしないこと。40代の転職にはリスクも伴うことを忘れずに、慎重を期すようにしましょう。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*