Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtys/www/tsan/wp-includes/post-template.php on line 284
POSシステム

無料の販売管理システム厳選3つ【フリーソフト】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

販売管理システムを導入したいが、まずお試しで導入してみたいと考えている企業には、無料ソフトをお勧めします。無料の販売管理システムであっても、様々な機能を利用することができるでしょう。また実際に導入することで、事業とマッチするかどうかの判断もつきます。
無料の販売管理システムを3つ紹介します。

sponsored link

無料の販売管理システム01_Main販売管理

メインソリューション株式会社が無料ソフトとして提供している「Main販売管理(外部リンク)」。無料ソフトであるにもかかわらず、弥生販売、SMILEシリーズ、PCA、商奉行、販売王など既存の有料ソフトにも劣らない性能が備わっているといいます。消費税増税にも対応しているとのこと。
クラウドサービスではなく、データはPCのローカル環境に保存されます。重要な情報がネット上で漏洩する危険を感じている場合、安心できるでしょう。
無料会員に登録する必要はあるけれど、多くの機能を使うことができます。さらに有料会員になれば遠隔操作による案内などのサポートも受けられるようです。

無料の販売管理システム02_フリーウェイ販売管理

フリーウェイ販売管理(外部リンク)」は株式会社フリーウェイジャパンによって提供されている無料の販売管理システムです。同社では販売管理のほかに会計ソフトや顧客管理ソフトなどのフリーソフトを提供しているようです。
主な機能として、売上伝票の入力、請求書の作成、入金伝票の入力の3つがあります。
売上伝票の入力をすることで、受領書や納品書、売上伝票をPDFで出力できます。請求書もPDF出力が可能です。取引先からの入金情報も入力可能です。
管理者は3人まで無料で設定できるので、担当者が少数の中小企業であれば問題ないでしょう。管理画面も簡素化されているので操作が簡単で、利用者のPCスキルもそれほど必要としないメリットがあります。
「フリーウェイ販売管理」はクラウド型のフリーソフトです。情報の漏洩を気にする方もいるとは思いますが、利用しているサーバーはAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)という実績のあるクラウドサーバー。金融機関も利用しているサーバーなので安心できます。
ただし、見積書の作成や在庫管理には対応していません。また1,000件以上の登録をする場合には有料版にアップグレードしなければなりません。

無料の販売管理システム03_汎用販売管理システムCOSMOS

COSMOS(外部リンク)」は藤森プロダクションが無料で提供している汎用販売管理システムです。基本業務に必要な、納品書の発行、請求書の発行、入金・支払い管理、商品の在庫管理などが無料で行える無料システムです。
ダウンロード型のソフトであり、インストールから自分ですべて行う場合にはフリーで利用することができます。しかし、操作指導やネットワークを通じたインストールを依頼する際には有料となります。
シンプルな機能である反面、棚卸しや集計機能など、他にはない特徴があるといえるでしょう。

無料の販売管理システムのデメリット

無料の販売管理システムは、導入コストがかからないため、費用を抑えたい場合にはお勧めできます。しかし、無料ならではのデメリットもあるので、見極めが必要です。
例えば、利用できる人数に限りがある場合です。
販売管理は部署単位で複数の社員がかかわることもあるでしょう。その時に無料ソフトゆえに利用者の数に制限がかかってしまうと、業務に影響を及ぼしかねません。
またサポート体制がないのもデメリットです。多くの販売管理システムは、メーカーによって仕様もさまざまであることが一般的です。そのため、ソフトの操作についてアドバイスが必要となることがあります。しかし、無料版の場合、問い合わせ自体ができないことがあるので気を付けましょう。

有料の販売管理システムのメリット

有料版であれば、基本的にサポートは無制限である場合が一般的です。また、機能にも制限が無いため、必要なユーザー数のアカウントを確保することができるでしょう。また、会社の業務が特殊な場合、ソフトのカスタマイズを依頼することもできることがあります。
そのため、会社の規模によって有料や無料を判断する必要があるでしょう。

より充実した販売管理にはPOSシステムも検討範囲

POSシステムとは、商品単品ごとに販売管理や在庫管理を行うためのシステムであり、販売時点情報管理システムとも呼ばれているものです。
例えば、コンビニなどで商品につけられたバーコードを想像してください。レジでバーコードにリーダーをかざすと商品情報が読み込まれます。商品の代金支払い時に役立つことはもちろん、売れた商品や在庫の商品の情報を瞬間的に加工することもできるのです。そのデータは分析につながり、販促活動や在庫管理などへ活かすことができるでしょう。
そのため販売管理を検討する際には、POSシステムも範囲に含むことをおすすめします。


まとめ

販売管理システムは無料でも実装することが可能です。しかし、機能面では有料に及ばない点も多々あるでしょう。お試しとして操作感を確かめるためなら無料ソフトでも良いですが、実際に本格的に業務へ組み込む場合は有料版へのグレードアップも視野に入れた方がよいでしょう。
また、より詳細なデータ分析や商品在庫管理を行う場合にはPOSシステムも検討することをお勧めします。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*